※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵから登場した特技。
大爆発を引き起こして敵全体を攻撃する特技。威力も300~400ダメージと非常に高い。
登場したときから【ジゴスパーク】【ギガスラッシュ】などと並ぶ、最強クラスの特技に君臨している。
お分かりであると思うがビックバンとは全宇宙の始まりとされる大爆発である。
実際このような大爆発が起こったら目も当てられない大惨事となるだろう。

爆発による攻撃だが、Ⅵ~Ⅷまではイオ系でなくメラ系に属している。
また、実は【おいかぜ】で跳ね返すことができたりもする。知らずに使うと痛い目を見るので注意。

DQⅥ

初出。基本的にははぐれメタル職マスターでしか覚えられないレア特技。
だが仲間モンスターのはぐりんは自力で習得できる。流石である。

AIが大好きな特技で、【スライム格闘場】で連発し回復するMPが尽きて死亡ということも多い。
これに限らず格闘場ではCPUの大技好きが特に裏目に出やすいので、
格闘場に出すスライムはドラゴン職と僧侶以外させるな、というのが勝利への鉄則である。

DQⅦ

Ⅵに引き続き、レア職業のプラチナキングマスターでしか覚えられない。
幸いメダル景品で確実に一つはプラチナキングの心が手に入るのでお目にかかるだけなら難しくはない。
が、自力で習得させるとなるとⅥ以上の苦労を強いられる。

Ⅶではメラ系が異常なまでに優遇されているので非常に強力。
MP無消費の優秀な特技も少なくないが、それらと比べても遜色ない。

3DS版

3プラチナキングの心が量産可能になったほか、【天地雷鳴士】【勇者】でも覚えられるようになったため、
習得難易度は大幅に下がった。もっとも、後者は転職すると忘れてしまうのが難点だが。
PS版ではこれを使ってくるモンスターはいなかったが、3DS版ではスライムマデュラが使用。
場合によっては3体で現れてこれを乱射するという神さまも真っ青な鬼畜コンボを使ってくることもあるため、
こいつが出てくる石版に潜るなら対策は万全にしておこう。

DQⅧ

ヤンガスの【鎌スキル】マスターで覚えられ、それほどレアではなくなった。
ダメージも200ポイントそこそこと弱体化したかに思われたが、ヤンガスのレベルが55以上になると威力が1.6倍になるという強力なボーナスが付き、エフェクトももうもうとキノコ雲が立ち上る派手なものに変更される。
ダメージの上限は2100ダメージが限界となっている。
なお、強化版の場合、倒されたモンスターが消滅する演出がなされた後にやっとキノコ雲が晴れるため、強化版ビッグバンで敵のとどめを刺すと、まるで敵が跡形もなく消し飛んだかのように見える。
ただ、何しろMPの少ないヤンガスにMPを30も消費させるので連発できない。
鎌スキルがオノに比べ不遇な点もあり、お目にかかる機会の乏しい特技である。
でも、ラプソーン1ターン撃破に使われてることが多い。
なお、スカモンのドラきち・ラッキー・すぎやんが合体したグレイトドラキーことグレドラも使用することができる。

DQⅨ

【ハンマーの秘伝書】を所持し、かつハンマーを装備していると使用可能になる。
敵全体に対し240~360の闇属性ダメージを与えるが、
ダメージ量は使用者のステータスに左右されないため誰が使っても強力。
闇属性に弱い【スターキメラ】【アイアンブルドー】といった強敵も一撃で倒せてしまう。
強敵ぞろいの高レベルの【宝の地図】でも、大活躍すること間違いなし。

消費MPは16とやや高めだが、これまでのシリーズよりは低い。
そして【ドルマドン】並の威力を敵全体に放つことが出来ることを考えれば、この程度の消費は問題ない。
何せ【ドルモーア】よりも少ないのだから。賢者涙目である。

こんなに強力で使いやすい技を誰もが使えるようになったら、それこそゲームバランスの崩壊になりかねない。
秘伝書がないと使用できない設定にしたのは正解とも言える。
しかし、属性によるダメージ増加はあるものの、威力的には過去作よりは多少落ちている。
それでもゲームバランス崩壊と言われるのだから、いかに過去作で無双状態だったかもわかるだろう。

DQM

モンスターズでは、一部????系やゴールデンゴーレム・ゴールデンスライム・神竜などが習得。
また、【イオナズン】【かがやくいき】【しゃくねつ】を覚えている状態で、LVと能力条件を満たすことで【思いつく】
メラ系に属し、無耐性の相手には350近いダメージを与える。

トルネコ2

魔法使いの呪文となって登場。消費HP100で部屋全体の敵に95~120のダメージ。
扱いとしてはイオ系最上位のイオナズンを上回る【ヒャダイン】やジゴスパークをも越える最強呪文だが、如何せんコストパフォーマンスが悪すぎるし、
これでも終盤の敵は一撃で倒せない。
第一、魔法を使うモンスターには1ダメージという仕様からは逃れられないので、
どうせ使うなら消費150で確実に全滅の【ザラキーマ】か、威力と燃費のバランスが良いヒャダイン辺りであろう。
また、敵が密集しているといちいち爆発のエフェクトが入って時間がかかるのも難点。

剣神ドラゴンクエスト

必殺技として登場、特効の敵さえいないもののどんな敵にも安定した大ダメージを与えることができるため強力。
ジゴスパーク同様に最後の球は剣の腹を画面に向けて動かす。こちらはゆっくり下におろすのだが、慣れないと非常に失敗しやすい。

DQMB

【斬魔刀】の通常技の他に、必殺技とSPカードが存在する。

必殺技

【メタルキング】の「キングオブプレス」を必須とし、【スライム】【スライムベス】【くさった死体】【ばくだんいわ】や主人公の爆発を使える武器等を組み合わせて発動する。肩書きは「究極爆発呪文」。
メタルキングにしがみついて魔力を送り込み、相手全体に聖なる力を持った大爆発を起こす呪文攻撃。
魔力を送り込む際、くさった死体が必死にしがみついていたり、ばくだんいわが砕けていたりと、なかなかシュールな光景を目の当たりにするだろう。
光属性が含まれている他、モンスターバトルロードⅡ以降は呪文守備力を下げる効果もある。

SPカード

モンスターバトルロードⅡの第五章から登場。使用者は【勇者レック】
【ギガデイン】と同じく耐性無視の呪文攻撃をする。威力は高い。
弱点もギガデインと変わらないので、そちらを参照。