※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

敵1グループを【混乱】に陥れる特技。
Ⅵから登場し、「消費MP0」「反射されない」ことから【メダパニ】の株を奪った張本人。
貧弱ステータスに加え大した技を覚えない【踊り子】の生命線でもある。

非常に使い勝手が良い便利な特技であるのだが、当然敵も使用してくるのには注意。
敵が使う時は単体かグループかまちまちなメダパニと比べ、確実に全体攻撃なのでタチが悪い。
しかも消費MPは大抵0なので、何度でも連発してくる。
敵が使うにも味方が使うにも、確実にバランスを壊している技。

精神力を全く使わずに、めちゃくちゃな踊りで敵を混乱させるという、わけの分からない原理となっている。

DQⅣ(リメイク版)

敵専用であり、隠しダンジョンのボスの片割れである【エッグラ】が使用する。
当然封じることができず、場合によっては戦況をひっくり返してしまうほどの厄介な技。
馬車の入れ替えと、ほしのかけらで上手く凌ぎたい。

DQⅥ

初出。踊り子☆4という早い段階で習得可。
SFC版の説明は「へんてこなおどりでてきをこんらん」という、なかなかカオスなものになっている。
眠り耐性に比べて混乱耐性が弱いザコは多く、中盤ではほとんどの敵に有効。
これを素早さの高いキャラに覚えさせるだけで、簡単にダンジョンを攻略することができる。
ちなみにミレーユの遊びで出るベリーダンスも同じ効果。

敵では【ホラービースト】【しれんその1】が使用するのが有名。
前者は運ゲーを強いられ、後者は【おどりふうじ】が無いとなぶり殺しにされる。
その他【イーブルフライ】も使用してくる。

DQⅦ

踊り子☆7と習得が遅くなった。
その先にあるスーパースターが不遇なのも相まって、Ⅵほどの使い勝手の良さは無くなったと言える。
とは言え性能は全く変わってなく、相変わらず混乱耐性に乏しい雑魚が多いので、覚えてさえしまえば猛威を奮うのには変わりない。
【アイラ】も加入時点でこれを覚えており重宝するが、彼女は少し戦うと剣の舞を覚えてしまうため、あまり使われなくなる。

敵では【とかげどり】【マージスター】【ポムポムボム】といったマイナーな方々が使用。
マイナーとはいえ全員混乱してしまうと一気に窮地に陥ってしまう。
優先して倒すか踊り封じで封じておきたいところ。

DQ8

MP0で軽々と連発する強さを認められたのか、Ⅷ以降は没収され、敵専用特技となった。
【ナイトフォックス】【タップデビル】が使用。

関連項目