※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

トルネコの大冒険3に存在する、モンスターの特殊能力。
正式名称ははっきりしないため、便宜上の名前である。
はりせんもぐら等が持つほとんどのダメージを小さい値に変換する能力は【被ダメージ変換能力】参照。

トルネコ3

【ガニラス】系統と【アイアンタートル】系統、【ヘルジャスティス】系統が持つ能力。
アイテム・特技・魔法の効果の大半を2ダメージに換えてしまう。
よって、こいつらに対しては取れる選択肢が少ない。
もとは風来のシレンのギャザーというモンスターが持つ能力であり、ガニラスはカニつながりで付けられたのだろう。
アイアンタートルとガニラスはこれがないとはっきりいって弱いが、ぐんたいガニはPS2版の場合集団で行動するため、囲まれてピンチになることもしばしば。
ドラゴンなどの炎は効くし、爆発で消えるので万能ではない。何故か踊る宝石のさそう踊りも貫通してしまう。
まぼろしの洞窟では、変化の石像→アイアンタートル化→2ダメージで死亡という最悪コンボがある。

実は魔法の一種であるため、マホトーンの石像で封じることができる。
これは何故かプレイヤーにマホトーンがかかっている場合でも同様であり、プレイヤーがマホトーン状態の時であれば相手の2ダメージ化能力を貫通することができる。
洗脳された仲間のメイジキメラにマホトーンをかけてもらえば、ラスボスであるヘルジャスティスをとじこめの壺に閉じ込めて、瞬殺することも可能である。
GBA版では、プレイヤーにマホトーンがかかっている場合での2ダメージ化能力の貫通はできなくなった。

この能力の持ち主をドーピングするには、ポポロをマホトーン状態にする(PS2版限定)か、魔物の巣または暗黒の間でマホトーンの石像を探すかして、
魔法が封じられている上で、命の草やしあわせの種、ちからの種を、直接投げ当てるか草の神の壺に入れるかしか手段がないので、他にも増して手間がかかる。
GBA版ではクリア後に暗黒の間へは入れなくなっており、事実上魔物の巣へ通い詰めるしか手段が無くなっているため、尚更大変になっている。