※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場する上級モンスター職の一つ。
「アンドレアル」と「デスマシーン」をマスターすることで転職できるようになる。
【エスターク】の名を冠する謎のモンスター、【エビルエスターク】になれる職業だ。
PS版では「エビルエスターク心」は入手不可能であり、データ上にのみ存在する。
詳しくはこちら

職補正

ステータス 補正
+20%
素早さ +10%
身の守り +10%
賢さ +15%
かっこよさ +10%
最大HP +10%
最大MP +10%

習得特技と必要戦闘回数

熟練度 称号 習得特技 累計戦闘回数(ここまで)
スキンボディー 【いなずま斬り】 -
ラバーボディー 【メタル斬り】 30(30)
ウッドボディー 【かえん斬り】 60(30)
アイアンボディー 【こごえるふぶき】 90(30)
シルバーボディー 【マヒャド斬り】 130(40)
ゴールドボディー 【いてつくはどう】 180(50)
プラチナボディー 230(50)
グレートマッチョ 【ギガスラッシュ】 300(70)

マスター特典

  • 身の守り20ポイントアップ。

転職条件


上級職


耐性

  • ★7以下の時の耐性
完全耐性 ニフラム
強耐性 ザキラリホーマヌーサメダパニマホトーン麻痺
弱耐性 メラギライオヒャドバギデイン吹雪岩石ルカニマホトラ
無耐性

  • マスター時の耐性
完全耐性 ニフラム
強耐性 メラギライオヒャドバギデイン吹雪岩石ルカニマホトラ
ザキラリホーマヌーサメダパニマホトーン麻痺
弱耐性
無耐性
黒字 はモンスター職共通の標準耐性。
青字 はそのモンスター職固有の耐性。
※1ターン休み系、軍隊系への耐性については不明。

解説

人間職も含めたすべての職業で唯一、全てのステータスが上昇する職業で、中でも特に力への補正は高い。
最初から全ての攻撃呪文、炎・吹雪・岩石系に弱耐性を持ち、職業をマスターするとそれら全てが強耐性になる。
補助系耐性でもルカニ・マホトラ系が弱耐性となっているため、耐性を持たない属性が存在しないという安定っぷりである。
マスター特典は身の守りアップ。高い耐性と相まってその安定性をより強固なものにしてくれる。
無消費で使いやすい凍える吹雪に、高威力のギガスラッシュと、習得できる特技は攻撃的かつ強力。

また、ここまで来ると、過去に習得した特技なども相まって攻撃・補助に関しては相当充実しているはずだ。
これに加えて【ドラゴスライム】をマスターすれば、ついに【プラチナキング】への道が開かれる。
転職への近道は、ラッキーパネルで【アンドレアルの心】を入手することだ。これでかなりの過程を省略できる。

欲を言えば、マスター特典が身の守りアップというのが少々残念ではある。
また、実質【死にステ】の賢さやかっこよさが上がる代わりに、力の上昇率が下位のデスマシーン以下というのも物足りない。
職特性は無く、マスターに必要な戦闘回数300回は【プラチナキング】【デスマシーン】に次いで3番目となっている。


なお、データ上では★2でメタル斬りを習得する事になっているが、前提の職で必ず習得してしまうため、習得するという設定が意味を持たない。
(上記の通りこの職業と、さらに前提のデスマシーンも心が手に入らない職であるため、2つ前の前提のプロトキラー(メタル斬りを覚える)の経験が必須)

ちなみにデータ上には【エビルエスターク心】なる物は存在する。
実際に入手できれば他のモンスターの心と同じように即エビルエスタークに転職できるようだが、通常は入手することのできない没道具のひとつとなっている。

3DS版

【すれちがい石版】の活用により心を実際に入手できるようになったので、何もかもをすっ飛ばしていきなりエビルエスタークになる事が可能になった。それに伴い、この職業で初めてメタル斬りを習得するケースもあり得るようになった。

戦闘中はエビルエスタークの姿で戦うのだが、移動中と同じサイズでは画面からはみ出してしまう為、かなり縮小されている。
しかしその縮小の仕方が悪いのか、短足でずんぐりむっくりというなんともかっこ悪い姿となっている。