※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

職補正

ステータス 補正
-15%
素早さ
身の守り -20%
賢さ
かっこよさ
最大HP -20%
最大MP -30%

習得特技と必要戦闘回数

Lv 称号 習得特技 累計戦闘回数(ここまで)
なりたて -(-)
みならい 【キアリー】 8(8)
こやそうじ 【ホイミ】 17(8)
エサやり 【ねる】 33(16)
みはりばん 【くちぶえ】 52(19)
ひつじおい 70(18)
ひつじのとも 【ウールガード】 90(20)
ウールマスター 【どとうのひつじ】 135(45)

職歴技

戦士 【みねうち】
武闘家 【マトンアタック】
僧侶 【スクルト】
魔法使い 【ラリホーマ】
吟遊詩人 【ひつじかぞえ歌】
踊り子 【ひつじのダンス】

上級職

解説

Ⅶの職業の1つ。
明らかに戦闘向きでない名称。そして名前の通り、上昇する能力が一切存在しないなど、製作者としては半ばイロモノとしてつくったのだろうかと思われる職業。
しかし実際のところ、覚える特技・呪文に便利なものが多く、その弱さに反して職業としての魅力・価値はかなり高い。

早い段階でホイミやキアリー(しかもキアリーはⅦでは僧侶が覚えない)といった呪文を覚える上に、くちぶえやウールガードなどもかなり使える。重要呪文だが単体習得できなくなったスクルトは、これと僧侶の職歴技。
極めつけはⅦ最大のバランスブレイカーの一つ、どとうのひつじ。

正直上位職の上級職の魔物ハンターよりも魅力的である。

DQⅦ(3DS版)

習得特技と必要戦闘回数

Lv 称号 習得特技 累計戦闘回数(ここまで)
なりたて 【ひつじのダンス】 -(-)
みならい 【キアリー】 5(5)
こやそうじ 【ホイミ】 11(6)
エサやり 19(7)
みはりばん 【ひつじかぞえ歌】【くちぶえ】 27(8)
ひつじおい 【マトンアタック】 36(9)
ひつじのとも 【ウールガード】 46(10)
ウールマスター 【どとうのひつじ】 81(35)

解説

能力補正などはPS版と変化がないが、職歴技の削除に伴い、ひつじのダンス、ひつじかぞえ歌、マトンアタックの3つが通常習得に変更。
一方で反則特技の一つだった「ねる」は削除された(他の職業でも一切覚えず、ゲーム自体から削除)。

PS版最強特技の一角だったどとうのひつじが大幅に弱体化され、追加の攻撃特技であるマトンアタックも役立たずのため、
PS版に比べると攻撃面での決め手に欠ける。
だが、その欠点を補って余りあるのが、ひつじのダンスとひつじかぞえ歌。
PS版では何の効果もないお遊び特技だったひつじのダンスは、「敵一体を眠らせる」という職レベル1の特技としてはかなり役立つ効果に変更。
そして、敵全体を消費MP0で眠らせるという超高性能技のひつじかぞえ歌は、簡単に習得できるようになったことで猛威を奮う。
まさに眠りのエキスパートである。羊飼いというか催眠術師だ。
また、上級職の魔物ハンターが、PS版とは一転して全職業中でも屈指の超重要職になったのも大きい。
熟練度上げに必要な戦闘回数が大幅に削減されているので、とっととマスターして早期の魔物ハンター転職を目指そう。

また、職業服が「羊の着ぐるみ」という屈指のネタ衣装であることも話題になった。
これは「羊飼い」じゃなくて「羊」だろう! というツッコミは恐らく誰もがする。
ガボに至っては、乗っている狼まで羊のコスプレをしている。「羊の皮をかぶった狼」という渾身のギャグである。