※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅧ

装飾品の一つで、攻撃力+20、素早さ+20の効果がある。後述するが、手に入るのはクリア後のみとなる。
ごうけつの腕輪以上の攻撃力上昇に加え素早さも上昇するため、装備品として有用だが、このアイテムの真の効果は、これを手に入れてラプソーンを倒すとエンディングが変わる事。
これは、主人公の父【エルトリオ】が結婚指輪として母【ウィニア】に贈ったもので、【グルーノ】が自宅で大切に保管していた。
主人公の父は実はサザンビーク王グラビウスの兄、本来なら王位継承者だった。
しかしその立場を捨てて引き離されたウィニアを追うも、竜神族の里まで後少しの所で力尽きる。
サザンビークでは王子は代々王家の山に行ってトカゲ(ドラゴン?)である【アルゴリザード】を倒し、そのアルゴリザードが持つ宝石「アルゴンハート」を持ち帰ることで王になる資格を得る。
この宝石を使って、王子の結婚指輪を作るのだ。

裏EDで主人公はエルトリオの息子である証として持っていくも、グラビウス王は混乱を助長する恐れがある事を理由に主人公の王位継承権を認めなかった。
しかし、翌日の結婚式に現れた主人公を見て考えを改めたのか、それとも王位継承権と関係ない分野なら大丈夫と思ったのか、主人公とミーティア姫の結婚を認める。チャゴスざまぁw
入手の経緯を見ると主人公専用の装備品に見えるが、全員が装備可能。
無論売ったり捨てたりはできない。

ちなみに通常EDを見たい場合は、グラビウス王に話しかけ『いいえ』と答えてそのまま建物を出ればいい。
ただ、この場合は主人公をけしかけるククールの台詞が若干変わったりするので、手に入れる前のセーブデータと別のセーブデータを作るとよいかもしれない。