※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トルネコ3で登場する指輪。
投げた物が壁や【水晶】、氷柱に当てても止まらずに曲がっていく(鉄化・氷結したキャラに当たった場合は曲がらずに止まる)。10マス進めば止まるのは同じである。
曲がる方向は一定で、基本的に左側が優先だが、斜め向きにぶつかった場合は角度の大きい方向に優先して曲がる。
【氷結の巻物】を読んだ後や通路の行き止まり、9マス範囲程度の袋小路等で物を投げたりすると、自分に物が当たったりする。
これを利用して封印状態で口が使えない時に草の効果を得たり、使用回数が0になった【ホイミの杖】等を自分に当てて活用するのに使える(何気にマホトーン状態でも例外的に効果を発揮するのも隠れたメリット)。
因みに、行き止まりの場合は壁にぴったりくっつかずに 最低1マス離れて行わないと、自分に当たらないので要注意。
通路で矢を撃って進むときには結構重宝するのだけれど、正直他の指輪の方が便利なのであまり持ち歩かれない。
【異世界の迷宮】では大量に出現し、3~4コ拾うこともざらである。

なお、【ワナあての指輪】遠投の指輪と合成すると、この指輪の効果が打ち消される。
また、【はね返しの指輪】と合成した場合に投げ当てたり撃ったりしたアイテムは、跳ね返さずに足元に落ちる(【投げ名人の指輪】と合成していたり【とじこめの壺】を投げた場合も同様)。
因みにこのケースで はね返しの指輪の代わりに【みかわしの指輪】を合成していると、その指輪の効果が発揮されず自分に当たってしまう。