※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅷ、Ⅸに登場する道具。牛の糞。
ⅣやⅦでは【うまのふん】が登場していたが、Ⅷで馬に変えられたミーティアに対する、スタッフの配慮だろうか。
かぐわしい香りを放つ物であること、そして道具コマンドで使うと「深く後悔する」点ははうまのふんと共通しているのだが、
こちらは多少は実用的な使い道が存在する。 錬金の材料として使う事ができるのだ。

DQⅧ

Ⅶのうまのふんと同様、あっちこっちのタルやツボから山ほど出てくる…
かと思いきや、実はツボやタルから出てくるのは4つだけ。
他は【はえおとこ】系と【あばれうしどり】系の計6種のモンスターが落とすだけである。

以下の3種類の錬金の材料になる。
うしのふん + 【せいすい】 + 【こうもりの羽】 = 【おかしな薬】
+ 【ミスリルヘルム】 + 【おいしいミルク】 = 【猛牛ヘルム】
+ 【はぐれメタルのけん】 + 【おかしな薬】 = 【古びたつるぎ】
もっとも、一番下ははぐメタの剣を素材に戻してしまう無意味な錬金なので、実質的な使い途は2つしかない。

ちなみに、売れば3Gになる。

DQⅨ

使い途はただ1つ、
うしのふん×3 + 【どくどくヘドロ】 + 【うるわしキノコ】 = おかしなくすり
の錬金しかない。
しかし、このおかしなくすりは上位の錬金素材の布石になっており、
うしのふん→おかしな薬→【せいれいせき】【げんませき】【しんかのひせき】→最強装備品と考えればものすごい出世になる。
おかしな薬自体の出番が多いために意外と必要になり、時には不足する場合も。
フィールドでの採集可能ポイントは【エラフィタ村】前の牛の放牧地帯のみと少ないため、
牛さんが排泄するのをじっと待たなくてはいけない時もある。
落とす敵は【わらいぶくろ】【ドロヌーバ】【突げきホーン】の3体。
牛のフンが不足する事態が発生した場合は、この中で一番ドロップ率の高いわらいぶくろ(確率1/8)から盗むと良いだろう。

クエストNo.013【もやせよ 炎を】でもちょっと匂うが使える。
売れば2Gになる(うまのふんの売値は1G)。