※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅰ、Ⅲなどに登場するアイテムで、吟遊詩人【ガライ】が愛用した楽器。
いずれの作品でもフィールド上で使用すると敵が出てくるという効果がある。
戦闘中に使うとモンスターが喜ぶ。しかし動きを止めたりなどといった特別な効果はない。
また、トルネコ2、3、少年ヤンガスには、このアイテムの名を冠した【銀のたてごとの巻物】という巻物が登場する。


DQⅠ

【ガライの墓】に眠っている重要アイテム。
【雨のほこら】に居る老賢者に見せると、【あまぐものつえ】を授けてもらえる。
また、フィールド上で使用すると、モンスターを呼び寄せ戦闘になる。
FC版では使用時の出現モンスターは、スライム・ドラキー・ゴースト・まほうつかい・メイジドラキー・おおさそりの6種類で固定となっている。
リメイク版ではその地域のモンスターが出現するので、【ゴールドマン】が出現する地域などで稼ぎに利用することも可能。
なお、交換しているのか雨雲の杖を入手した際にこのアイテムは道具欄から消失する。

本来ならラスダンである【竜王の城】に向かう段階では持っていないはずのアイテムなのだが、
FC版では【復活の呪文作成プログラム】などで作成した呪文を用いると、このアイテムを持った状態で再開することができ、
そのまま【りゅうおう】を倒してエンディングを迎えることができる。
また、本来エンディング中は【ラダトーム城】への帰りの道のりでも敵は出現しないのだが、上記の方法で持ち越したこのアイテムを使えば通常通り敵が出現する。
さらに、その戦いで死ぬとエンディングが激しくバグる。

DQⅢ

【ガライ】の父親が「息子が持っている」と言うが、【メルキド】にいる当の本人は「実家に置いてきた」と言う。
ガライの言うとおり、彼の家の地下室に隠されている。こちらはⅠと違ってクリアに必須というわけではない。
FC版では地下室にポツンと1つだけ置かれた宝箱の中に素直に入っているのだが、リメイク版ではこの宝箱は空っぽになっている。
ここでFC版の経験者は軽く焦ってしまうだろうが、実は宝箱の横の床に落ちており「しらべる」コマンドで手に入れることができる。
この竪琴は使うとやたら長いメロディーが流れるため、経験値稼ぎに利用するにはあまり効率はよろしくない。
リメイク版では【くちぶえ】が使えるので、そちらの方が遥かに効率的。

ちなみに、FC版では【ゾーマ】戦でこの竪琴を使用すると通常戦闘曲に変わってしまう(これは【ようせいのふえ】も同様である)。
ゾーマを倒した後は敵が出現しなくなるが、Ⅰと違ってラダトーム城への帰りの道のりでこの竪琴を使っても敵が出現しないようになった。

DQM1、2

店売りのアイテムとして登場。
1ではバザーに3軒目に開店する店で3000Gで、2では港町ノフォーで1200Gで購入可能。
使うだけでモンスターを呼び寄せる効果があり、経験値稼ぎや仲間モンスター集めのために重用する。
2では【フェロモン】の登場でやや使う機会が減ったが、レベル上げの際には相変わらず元気に活躍する。