※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

第三章で登場するアイテム。【女神像の洞窟】に眠っている。Ⅶの【女神像】については該当ページ参照。
非常に美しい一品らしく、【エンドール】の骨董品マニアに25000Gで売れる。
この金を店の開業資金に回すのがセオリーだが、第三章はとにかく金を集めてしまえばよく、
そして金を稼ぐ手段はいっぱいあるので、クリアに必須なアイテムというわけではない。
これを売却しないまま金を稼いでクリアしてしまうことも可能。

アイテムコンプリート目的なら3章では頑張って自力で金を稼ごう。
【てつのきんこ】と違って持ったまま5章に移ってもなくならず持ち越しできるので回収してしまっても売却さえしなければ良いが、
女神像の洞窟は5章になってから勇者で挑んだ方が何かと都合が良い。
特にFC版では持ち越し用換金アイテムの枠を1つコイツで使ってしまうのはもったいないので、
3章では回収自体をスルーした方が良いだろう。

なお5章に持ち越した場合、肝心の骨董品マニアはなぜか女神像に対する愛情が薄れているとかで買い取ってくれなくなる。

小説版

実際に女神を宿した像であり、元は神殿であった女神像の洞窟が魔物の温床になってしまったことを嘆いている。
そのあまりの美しさに持ち出すことを躊躇するトルネコに、自分を売って【ブランカへの洞窟】を掘る老人を援助して欲しいと告げた。
女神は神の国へと帰ったため抜け殻となった女神像だけが残されたが、
【スコット】に言わせると「魂がぬけたようであまりみごとじゃない」らしい。