※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅷで遂に登場した薬草の上位種。
もっと回復手段の少ないシリーズ初期の作品でこそ出して欲しかったという声も。

DQⅧ

錬金釜に【やくそう】を2つ入れることにより誕生するアイテム。
50~68と回復量が大幅に増えており、序盤の回復アイテムとして重宝する。
8Gのやくそう2個で作れて88Gで売れる。さらに売却個数が30~49個では264Gに値上がりする。序盤の金策にも使える。
錬金釜に入れるものが特に無ければこれを作っておこう。
上やくそう2つで【特やくそう】が作れる。
また、やくそうとの錬金で【いやし草】が、【まんげつそう】との錬金で【きつけ草】が作れる。

DQⅨ

回復量が40~60にダウン。
売却価格も18Gに落ちたため、金策には使えなくなった。
グビアナ城以降の店ではやくそうだけでなくこちらも市販されるようになった。

スラもり2

敵を倒すと一定確率で落とし、やくそうよりも回復量が多い。
弾としても存在し、錬金でやくそうを3個とメガミぞうを2個で作れる。
弾として大砲に入れると戦車のHPが30回復する。中盤は保険として1個だけでも入れておくと便利。
材料としてはこれを3個とメガミぞうを9個で特やくそうが作れる。

スラもり3

スーラシア到達後、交易でやくそうを3個といやしチューリップを1個で交換できる。
効果は全く同じだが、本作の船バトルではHPマックスで勝利するとパーフェクトボーナスが入るため、
ストーリー中盤でそれを狙うなら一個は欲しい。
シヴァレル到達後、交易でこれとメガミぞうを3個ずつで特やくそうと交換できる。