※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本編

Ⅲ以降の全作品とリメイクⅠ、Ⅱで登場するドーピング用アイテム。素早さを上げる効果がある。
見た目は柿の種(?)みたいな感じ。ちょっと辛いらしい。
素早く行動する必要のある人、たとえば回復・補助役などに投与するのがいい。
Ⅲ、Ⅳでは仕様上素早さは守備力に直接影響するので、打たれ弱い人に投与するのもあり。
ただ、素早さは戦闘では最も重要な数値の一つなので、上がる数値は低めに設定されており、
作品によっては1~2となっており、1~3が普通の種と比べると少なく感じる。
(大半の作品では普通の種と同じ数値になってはいるが)
ちなみに種系全部に言えることだが、最近のドラクエでは種を使うと投与する対象を選べるが、
昔のドラクエでは使用者本人がさっさと食べてしまう。
種を投与する場合はステータスを上げたい本人に手渡してから使うようにしないといけないのだ。気をつけよう。

不思議のダンジョンシリーズ

一定時間行動速度を上げる草として登場。
これを飲んで倍速状態になれば、等速の敵ならば攻撃→後退→攻撃→後退と繰り返すことにより無傷て倒せる。
初代のみ、飲んだ直後にトルネコのターンが回ってこない場合があるが、これは冒険を開始してからの総ターン数で決まる。
総ターン数が奇数なら飲んだ直後もトルネコが行動することが出来るが、偶数なら敵にターンが回ってしまうのだ。
もっとも、冒険を開始してからのターン数を数えておくのは非現実的なので、知っていても有効活用はできないだろう。
2以降は飲んだ直後に2回連続で行動できるようになり、より有用な草になった。
少年ヤンガスでは上記に加え「かいひ」が上がる本編に近い効果が追加された。