※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅲ、Ⅶ、Ⅸに登場するアイテム。毒蛾から採取される燐粉である。
戦闘中に使うと、ⅢとⅦでは敵1体を混乱、Ⅸでは麻痺させることができる。

ちなみに蛾の燐粉には毒が含まれているとよく言われるが、皮膚がかぶれるなどの実害がある有毒な蛾は実際にはほんの一握りであり、それらの蛾でも鱗粉には毒はない。
大体が体毛に毒を持つ。

DQⅢ

初登場作品。
ムオル、スー、サマンオサ等で買う事ができるが、FC版では500Gと消耗品としてはとても高価。
リメイク版では約4割引の310Gになった。

この作品では【メタルスライム】狩りにかなり有用。
100%確実ではないものの、メタルスライム自身に効くのはもちろん、周囲のモンスターを混乱させても役に立つ。
この作品ではメタル系の耐性や守備力の計算に穴があり、モンスター同士の打撃は普通に通ったり、
炎ブレスは半減する程度で防がなかったりするので、同士討ちさせるとあっさり倒れてくれるのだ。

メタルスライム狩りのメッカである【ガルナの塔】に大量に持ち込みたい。
ただムオルの村まで歩いていかないと手に入らないので、【ダーマ神殿】に着いたばかりのレベルでは難しいものがある。
ある程度育ってからの更なるレベリング用だろう。

DQⅦ

久々に再登場。メモリアリーフで買えるが、値段はリメイク版Ⅲと同じく310G。

Ⅲと違ってメタル系に混乱が効かなくなった他、混乱させたモンスターに攻撃させても
プレイヤーと同様に1ダメージしか与えられず、呪文や特技も一切効かなくなったため、
メタル狩りのお供としてはほぼ意味がなくなってしまった。

混乱に弱い雑魚の動きを止めておくのに一応役には立つが、【メダパニダンス】を覚えたらほぼ使われない。

DQⅨ

おかしな薬との共演が実現したため、効果が麻痺に変わった。
同時に買値がかなり安くなり、カルバドの集落、ナザム村、ドミールの里で90Gで売られている。
また、セントシュタイン城の入口前に採取スポットがあるため、リッカの宿屋利用や錬金のためにルーラで戻ってくると、
嫌でも素材落下を知らせる点滅が目に付くことになる。
敵ではひとくいが、ギズモ、しびれあげは、ウドラー、ヒートギズモがそこそこの確率で落とす。
Ⅸでは、敵にダメージを与えず麻痺させる手段はこれしかない。
麻痺させるならさっさと倒してしまった方が楽なのだが、バトルマスターに転職するためのクエストでは、
こちらが強いと逃げてしまうスライムをその場に縛り付けておく手段として有用。
これ自体も錬金素材として使えるが、レシピは下記の2つのみ。
どくがのこな×2 + 聖なるナイフ×1 + どくどくヘドロ×1 【どくがのナイフ】
どくがのこな×3 + どくがのナイフ×1 + ちょうのはね×3 【バタフライダガー】