※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本編、DQMシリーズ

Ⅱから登場し、以降常連となっている消費アイテム。Ⅶ、Ⅷでの表記は「どくけし草」。
名の通り【毒】【猛毒】状態を回復させることができる。
これが無い状態で町から離れた時に毒状態になると、とんでもない目にあう。
パーティ編成によっては【キアリー】が使えなかったりするので、後半でも地味に重要である。
各地の道具屋で販売されていたり、タルや壺などから入手できたり、主に毒状態にしてくる敵が落としていく。
Ⅷでは【上どくけし草】【特どくけし草】【おかしな薬】を錬金するのに必要になる。
Ⅸでこれを使ったレシピは上どくけしそうのみになっており、やくそう、まんげつそうと違って最強装備の錬金にも絡んでいない。

トルネコシリーズ

毒の効果が変わり、毒を受けると「力の現在値」が減る仕様になっており、
毒消し草にはそれを最大値まで回復させる効果がある。
【ちからのたね】の効果を正しく発揮させるためにも、余裕があれば常に持ち歩いておきたい。
また、毒攻撃を使ってくるキノコ系に投げつけると50ダメージを与えられる。
が、おばけキノコに投げるには少々勿体無いし、マタンゴ辺りは一撃で倒せないので実用性はいまいち。