※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不思議のダンジョンシリーズ

トルネコ2、3に登場するアイテム。
飲んだり投げ当てられたキャラはしばらくの間バーサーカー状態になる。
バーサーカー状態のキャラは倍速1回攻撃(操作キャラは倍速2回攻撃)になり他のキャラを見境なく攻撃したり、
壁を掘り回ったりとやりたい放題。つまり敵の【バーサーカー】と全く同じ挙動を取る。
操作キャラはコントローラーでの操作が一切不能となるので、囲まれて倒される様を黙って見てるだけというパターンも珍しくない。

一番最悪の存在になるのがトルネコ3の【ポポロ】のとき。
未識別の草を飲んでこの種だったら、仲間を殴り続けて全滅させてしまう。
仲間と距離を取って飲むのも、爪と指輪しか装備できないポポロにとって無謀と言っていい行為。
つまりこの種のせいで、「未識別の草を飲む≒自殺行為」という図式が成立しているのである。
【インパスの壺】に入れる最優先アイテムは未識別の草」と言われる原因のひとつでもある。

バーサーカー状態のキャラは【水路】にいる水モンスターも殴ろうとするので、
仲間の水系モンスターを水路に置いて未識別の草を飲むといった対策は一応ある。
買値は150、売値は75。
【異世界の迷宮】の店には売られておらず、150ゴールドで売られている未識別の草は【毒草】【まどわし草】で確定する。