※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶ最大のキーアイテム。
表面にどこかの地形のような模様が描かれた石版。
基本的には4種類の色があり、複数枚に割られてしまった状態でいくつも存在している。
ちなみに「石板」でも「石盤」でもなく、「石版」である。

【謎の神殿】には石版をはめ込むことのできる台座が18台、4つの部屋に存在し、
部屋ごとに【ふしぎな石版赤】【ふしぎな石版青】【ふしぎな石版黄】【ふしぎな石版緑】に対応するようになっている。
なお、もう一種類の石版については【ふしぎな石版?】を参照。
その台座に対応する全ての石版を集めてジグソーパズルのごとく元の状態に戻すことで過去の世界(石版に書かれていた形の島、大陸)へと行くことができる。
このように、石版を集めて過去へ → 過去の世界で事件を解決し現代へ → 復活した場所で新たに石版を見つけてまた過去へ、
というのがDisc1の大まかな流れとなる。

この石版の入手方法は実に多彩で、イベントでもらう、無雑作に落ちているものを拾う、宝箱に入っているなどが主。
一つでも見逃せば先へ進めなくなるため、全ての石版を集めるための作業によってゲームのテンポは悪い。
さあ、次の世界へ、と思ったら石版が足りないことが判明し、現在と過去どっちでとり忘れたんだ?と軽くパニックになるのは
【フリーズ】で泣きを見るのと同じく、Ⅶプレイヤーの誰しもが経験する洗礼である。
実は【謎のからくり跡地】にどこに次の石版があるのか占ってくれる人もいるのだが、この人の存在がノーヒントでまたわかりにくい。
【オルゴ・デミーラ】の今一つ感も相まって、本作のラスボスを問われた際に「見つからない石版」と答える人もいるとかなんとか。

Ⅶの評価が低い原因の大半はこの石版にあるといっていいだろう。