※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅱ、Ⅲ、Ⅷに登場する重要アイテム。
世界中に散らばっている何かを捜索するのに使用され、探しているものがある場所でこの笛を吹くと山彦が返ってくるというもの。

重要アイテムなのだが、扱いは良くない。
山彦の笛を使って探すアイテムはいずれもクリアに必須なアイテムだが、探すのに山彦の笛は必須ではない。
「山彦が返ってくる事を確認しないとアイテムを拾えない」なんていうシステムが導入された事は一度も無く、捜索対象のアイテムの場所を予め知っているならば、そもそも山彦の笛の入手自体をスルーしても何の問題も無いという有様。

加えて、山彦の笛を入手する事自体が結構な寄り道になってしまうと言うのもある。

DQⅡ

【ルプガナ】【ふねのざいほう】と引き換えに入手できる。
効果は紋章のある場所で吹くと山彦が返るというもの。
しかしダンジョンなどでは紋章のあるフロアで吹かないと山彦は返ってこない。

初回プレイでは大いに役立つが、2周目以降は使われない悲運のアイテム。
船の財宝を捜しに行くのも地味に面倒なので、紋章の場所を知っている人には山彦の笛そのものがスルーされる事が多い。

DQⅢ

【アープの塔】に眠る。
今回は世界に散らばるオーブの探索に必要で、オーブのある場所で吹くと山彦が返る。
やはりダンジョンなどではオーブのあるフロア以外で吹いても山彦は返ってこない。

そしてやはり2周目以降は忘れられがち。
オーブの場所を知っているなら山彦の笛を入手する必要自体が無いのもⅡと同様。
リメイク版ならアープの塔には【ちいさなメダル】が1枚落ちているので、そのついでで入手だけはして貰える事があるのはⅡよりマシか。
FC版では552ゴールドと布の服しか無いのでまずスルーだが……。

DQⅧ

Ⅲ以来久しぶりの登場。神鳥【レティス】より託される。
以前の作品では入手しなくてもよかったが、今回は必ず入手することになる。
前回と同じく、オーブを集めるために必要となる。
……が、レティスの傍らにいる巫女にオーブの場所を1つ教えられるのが運の尽き。
これを「賢者の子孫の最期の場所」と読み解ければ、シナリオを覚えていれば他のオーブの場所もすぐ分かるだろう。
そのため1周目ですら使わない人も居る。……カワイソス。