※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、3DS版Ⅶに登場する道具。
火を灯すと暗闇が辺りに染み出すという不思議なランプ。3DS版Ⅶ以外では、強制的に夜にすることができる。
昼と夜の概念が復活したⅧやⅨでは歩かなくても時間が流れていくので登場せず。あったら便利だったのに。

夜から朝にすることはできないので、【ラナルータ】の下位互換と言えるが、夜から朝にするには宿屋に泊まれば済む。
昼夜が関わるイベントはほとんどが城や町で、宿もまず間違いなく存在するので、あまり気にならない。
また、ラナルータは覚えるのが遅く、使いたい時に使えず、昼夜がどうでも良い頃に覚えがち。こちらを使う機会の方が多いだろう。
ラナルータ同様、街の中などで使用すると入り口に戻されてしまう。
(参照:【時間経過システム】

DQⅢ

昼の【テドン】で入手可能。

FC版ではサマンオサ東のほこらで使うと最後の鍵が無いのにも関わらず【サマンオサ】へ行けてしまう。
リメイク版では、ほこらで闇のランプやラナルータを使うこと自体不可能になっている。

DQⅣ

【コーミズ西の洞窟】で4章でも5章でも入手出来る。ただし、5章の場合は入手が極端に遅くなるので注意。

DQⅤ

【サンタローズの洞窟】で青年時代前半以降に入手できる。
【ルラムーンそう】を取りに行く時にあると便利。

DQⅦ(3DS版)

公式定期配信石版No.8【氷の竜がすむ洞くつ】か、【ブラックサンタ】【スライムダーク】【すれちがい石版】のリーダーにして、ボスを倒した時のレア報酬として入手可能。入手は早くてもレベル30前後になる。

昼夜の概念が無い為、使用するのが戦闘中に変わり【あやしいきり】の効果が出るようになった。
あやしいきりはローズバトラーでしか覚えられないので、手軽に使用できるのは便利。
しかし、あやしいきりは自分にも効果が及ぶ為、ベホマやザオリク等の呪文に頼っている場合は諸刃の剣になるので注意が必要。