※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

Ⅴにおける【アンクルホーン】の仲間モンスター。
攻撃面でバランスの良い活躍が見込める、【初心者救済四天王】の一人。
SFC版Ⅵにおける【ダークホーン】の仲間モンスターは【アンクル(Ⅵ)】を参照。

仲間になる確率

一匹目 二匹目 三匹目
1/4 1/64 1/64

仲間になったときの名前

一匹目 二匹目 三匹目 四匹目
SFC版 アンクル ネロ しんじ おっさん
PS2版 タニッチ なおフム
DS版

覚える呪文・特技

習得Lv 覚える呪文・特技
習得済み 【ベギラマ】
習得済み 【ヒャダルコ】
習得済み 【バギマ】
Lv7 【おたけび】
Lv9 【きあいため】
Lv11 【ベギラゴン】
Lv13 【ぶきみなひかり】
Lv15 【マヒャド】

ステータス

Lv 素早さ 身の守り 賢さ 運のよさ 最大HP 最大MP
初期 95 85 85 50 93 175 38
最大 40 200 127 130 90 130 450 351

耐性

無効 休み
強耐性 ザキ・麻痺、ラリホー、メダパニ、マホトーン、マホトラ、毒
弱耐性 メラ、ギラ・炎、イオ、ヒャド・吹雪、バギ、デイン、ルカニ、マホトーン、マヌーサ、メガンテ、体当たり
無耐性 (なし)

解説

非常に仲間になりやすく、Lvさえ足りていれば2~3回の戦闘で仲間になるはず。
【迷いの森】で仲間にするのがベストだが、2周目以降でさくさく進めていると、
必要レベルである30に満たないまま到達してしまう事もあるので注意。

力が結構伸び呪文も色々使えるため、武器でも呪文でも戦える。
耐性は軒並み低いが、素通しの耐性はなくHPは高いので崩されることは少ない。
戦士系の装備グループなのである程度カバーもできる。
また、【ふぶきのつるぎ】と気合溜めで【エスターク】15ターン以内の撃破にも役立つ。
レベル上限の低さもあり、最終的なステータスはやや中途半端で、他の仲間が育ってくると、立場が厳しくなってくる。
他の仲間との能力差をよく見て、選手交代・引退の時期を見極めよう。
【ちからのたね】を大量に使ってドーピングすれば、エスターク戦での攻撃面では最強クラス。種集めがかなり面倒ではあるが…。

特技が8個までの制限のため、敵の頃使ってきたバギクロスを成長しても思い出してくれない。
というよりバギマと差し替えるべきでは……。
SFC版における4匹目の名前は「おっさん」。
確かにアンクル(uncle)とは英語で「叔父さん」を意味するのだが、あまりにも酷過ぎないだろうか。

小説版でも仲間モンスターの一人として登場。迷いの森にて【ゴレムス】と相撲勝負を繰り広げた後に仲間になる。