※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

Ⅴにおける、仲間になった【グレイトドラゴン】
名実ともにⅤにおける最強のドラゴンである。

仲間になる確率

1匹目 2匹目 3匹目
1/64 1/128 1/256

仲間になったときの名前

1匹目 2匹目 3匹目 4匹目
SFC版 シーザー ドラゴ トリシー グレイト
PS2版
DS版

習得呪文・特技

習得Lv 呪文・特技
習得済み 【かえんのいき】
Lv10 【はげしいほのお】
Lv15 【こごえるふぶき】
Lv20 【やけつくいき】
Lv30 【かがやくいき】
Lv50 【しゃくねつほのお】

耐性

無効 ギラ・炎、ヒャド・冷気、バギ、ザキ・麻痺、ラリホー、メダパニ、マホトーン、マホトラ、毒、1ターン休み
強耐性あり デイン、マヌーサ
弱耐性あり メラ、イオ、メガンテ
無耐性 ルカニ

ステータス

Lv 素早さ 身の守り 賢さ 運のよさ 最大HP 最大MP
初期 3 130 95 110 81 99 230 0
最大 60 255 167 230 100 150 510 0

解説

ブレス攻撃をほとんど習得し、最終的には輝く息と灼熱炎まで使いこなす。
初期のブレスはパッとしないが、力が最初から高く【こおりのやいば】さえ装備させれば完全に即戦力になり、最終的には255に達する。
さらにそれ以上に魅力なのはその耐性であり、ギラ炎・バギ・ヒャド吹雪系を完全にシャットアウトし、まともにダメージを受けるのはメラ系とイオ系のみ。
そのメラ・イオ系にも僅かながら耐性を持っており、補助呪文もほぼ全てに耐性ありという鉄壁。
身の守りの成長も良く、HPも500以上の最高水準に達するという隙のなさ。

一方で装備できる武器防具が少なく、【ふぶきのつるぎ】が装備できないので、最終的な単体火力では装備可能者に一歩劣る。
盾は全く装備できない他、鎧も【ぎんのむねあて】止まり、兜も【グレートヘルム】が装備不可と貧弱。
最終装備は氷の刃(+【オリハルコンのキバ】)+銀の胸当て+【ちりょくのかぶと】に落ち着くことになるが、逆に言えばあまり金を掛けなくても良いので、目先を考えればメリットとも言える。
とはいえ優秀な耐性とステータスが装備品の乏しさを補っておりあまり気にならない。
一応ルカニ系が確実に効いてしまうという弱点があるが、終盤でルカニ系を使ってくる敵はミルドラースしかいないので、無視しても構わないだろう。
そのミルドラースも、自身の凍てつく波動で勝手にルカナンの効果を消してくれるという有り様なのでなおさらである。

よくライバルと目される【ロビン】【バトラー】といったいわゆる【5強】と違いなぜか加入率がワンランク上の1/64であり、これがある意味でシーザー最大の強み。
運が良ければあっさり起き上がることもあるので、多少苦労してでも粘る価値はある。
クリア前に仲間になることも珍しくなく、ミルドラースの輝く息や灼熱を完全に無効化できるので確実にバランスブレイカー。
もちろん雑魚はブレス攻撃で殲滅できるため非常に強力。当然エスターク戦でも頼りになる。
【ジャハンナ】周辺や隠しダンジョン(SFC版のみ)で仲間にできるが、敵としても相当な強敵なため万全の準備をして臨もう。
ただし、【エビルマウンテン】やすごろく場に出現するものは仲間にならないので注意。

戦力としてロビン・バトラーと比較すると、装備品が少ないために単体火力と守備力で劣り、エスターク戦での攻め手としては後れを取る。
その代わり耐久力では最も優れ、灼熱炎と輝く息の両方をシャットアウトできるのはこいつくらい。こちらの戦力が未熟なうちはありがたい存在だろう。
イオナズンとメラゾーマは普通に食らうが、これらは灼熱炎や輝く息よりもかなり威力が低い。
最終パーティーに入る余地も十二分にあるだろう。

小説版では、ドラゴンキッズの【コドラン】が魔界で成長した姿として描かれている。