※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ(リメイク版)

仲間になる確率

一匹目 二匹目 三匹目
1/32 1/64 1/128

仲間になったときの名前

一匹目 二匹目 三匹目 四匹目
PS2版 プチマジ マージ ヘイトス イルル
DS版 サイトー サイコ

覚える呪文・特技

習得Lv 覚える呪文・特技
習得済み 【イオナズン】
Lv5 【ギラ】
Lv8 【ルカナン】
Lv10 【イオ】
Lv20 【ベギラマ】
Lv30 【イオラ】
Lv40 【ベギラゴン】

ステータス

Lv 素早さ 身の守り 賢さ 運のよさ 最大HP 最大MP
初期 18 15 17 20 25 25
最大 99 125 180 130 255 130 350 50

解説

リメイク版Ⅴにおける、仲間になった【プチマージ】
最初からイオナズンが使え、ベギラマ、イオラ、ベギラゴンなどを習得する優秀な魔法使い。
なのだが、コロボックル族の宿命としてMPの成長率が絶望的に悪く、Lv99でも50前後が関の山。
おまけに力やHPの低さだけはいっちょまえに魔法使い並である。
トドメとばかりにコロボックル族の魔法使いである【コロマジ】と異なりメラゾーマが使えない。
【今更四天王】がかわいく見えるレベルで実用性のないモンスター。

一応、PS2版では裏技を使えばいくらでも不思議な木の実が手に入るので使ってもいいかも。
それでもメラゾーマが使えないので使えるとは言いがたいが…。

また、話しかけたときの「わしは魔法使いじゃ。」の衝撃はかなりのものであろう。
【名産博物館】のプチマージのようなかわいい反応を期待して話しかけたプレイヤーにこともなげに放たれた衝撃のじじい言葉。
確かにⅢの男魔法使いはジジイだったけど、この外見でそりゃないだろう…。

PS2版の三体目の名前「ヘイトス」の元ネタは、
漫画版Ⅶに登場した「プッチ戦隊コウオツヘイテイ」のプチマージ「ヘイトス」から。