※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

漫画【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場する、【メラゾーマ】の応用技。
漢字で書くと「五指爆炎弾」。
五本の指のそれぞれにメラゾーマ級の火球を発生させて、同時に敵に放つ、【フレイザード】の必殺技。
その火力は並の防御呪文などは無効化してしまう程。

後にポップにコピーされ使用されるが、その時は同時に三発が限度であった上に使用直後に身体に異変をきたした。
術者の寿命を削りかねない禁呪に相当するレベルの技であり、フレイザードは物質生命体の上に命知らずだったため
平然と使っていたが、こうした性質ゆえに、後に師匠であるマトリフから禁止令を受けている。
尤も、それにも関わらずポップは更にもう一度使用したが、後に【マホプラウス】を介した十発以上相当のメラゾーマにすら限界を感じてからは使用されなくなり
マトリフからより高度な呪文(【メドローア】)を乞う事になった。
余談だが、マトリフの話しぶりや持病に至るまでの経歴を踏まえると
恐らく彼も過去に何度か使用経験があるものと思われる。

加えて、劇場版「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ぶちやぶれ!!新生6大将軍」のオリジナルキャラである不死将軍・デスカールも使用しており
何と両手で同時に計10発分放つ離れ業を披露。

またも余談になるが、あるギャルゲでこれと似た技を使ったキャラがその技に名前を付けようとしてこの名前が提案されると言うネタがある。
提案されたキャラは「それ、味方が使う技の名前じゃないだろ」とツッコんでいた。