※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

Ⅵで使われるテクニックの俗称。
Ⅵでは【魔法使い】★1でいきなりメラミを習得することができるため、
転職ができるようになったらすぐに
  • 全員魔法使いに転職 → 1回だけ戦闘 → 全員メラミ習得
といったことが可能となっており、簡単にゲームバランスを崩壊させることができる。
これを「即メラミ」と呼び、そうして習得したメラミなどを多用することを【火攻め】と呼ぶ。

HPや守備力に凶悪な補正がかかり、異常に打たれ弱くなってしまう序盤の魔法使いの救済なのだろうが、
さすがに1回戦闘しただけで確実に80近いダメージを与えられてしまう攻撃手段が手に入るのはやり過ぎ。
なので、リメイクⅥ関連スレでは「即メラミの廃止」がしょっちゅう出てくるのだが、DS版でもこの仕様は変わらなかった。
その一方でⅦでは★1でギラ、メラミは★5に変更されている。

なお、Ⅵでは僧侶★1でホイミを習得することができ、同様に「即ホイミ」も非難されることがある。
(馬車があるⅥでは補欠全員にホイミ覚えさせておけば移動中に簡単に回復できる)
ちなみにこれはⅦでも同じで、僧侶で即ホイミを覚えることが出来る。Ⅵと違って馬車は無いが。