※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

やり込みプレイの一つ。
その名の通りプレイヤーキャラ1人のみでクリアすること。大抵主人公(勇者)で行なわれる。
主人公以外で一人旅を行う場合は主人公を【棺桶勇者】にする必要がある。

Ⅰは当然一人旅なので、これがやり込みとして成立するのはⅡ以降である。
だが、Ⅱ、Ⅳ、Ⅶ、Ⅷは仲間を外すことができないので、棺桶に入れておく必要がある。
Ⅵもバーバラは外せないので彼女は棺桶に入れておかないといけない。
基本的に壁となるのは【麻痺】である。Ⅲから登場したこのステータス異常は一人旅において喰らったら即全滅であるので恐ろしい。
しかもFFなどと違って特に回避する手段が無いのも厳しい。

DQⅢ

主流となったのはⅢからで、ルイーダの酒場で仲間を加えずに全編勇者のみでクリアというやり込みに挑戦する者が続出した。
しかしFC版Ⅲでは自動回復持ちのボスが多いので一人旅は非常に辛い。
一人旅におけるボス戦は基本的にこちらの防備を固めてからタイマンで持久戦に持ち込むのが定石だが、
FC版Ⅲのカンダタ(2)、ボストロール、やまたのおろち、バラモスは毎ターンHP100回復するので千日手状態になってしまう。
特にバラモスはHPが高く、仕様上【はんにゃのめん】を装備できないので最大の壁と言われている。
SFC版Ⅲでは勇者1人でバラモスを倒すとアリアハン王からご褒美を貰えるので、これにより一気に知名度が上がった。

DQⅤ~Ⅷ

Ⅴではモンスターを仲間にしない、という縛りプレイを導入すると、
ラインハットでヘンリーと別れ~山奥の村でビアンカ再会、グランバニア到着~石化され8年後に救出
までの間は必然的に一人旅になる。

しかしⅤで全体攻撃武器が登場し、さらにⅥとⅦでは転職でどうにでもできるようになったので一人旅の敷居は低くなっているといえる。
Ⅷではスキルシステムに変わったこともありやや難易度は高いが。

DQⅨ

Ⅸでは、Ⅲ以来久々に仲間キャラがストーリーに絡んでこない(天使界などの描写を考えるといない方が自然なくらい)。
極論、Ⅸからドラクエを始めたプレイヤーは【ルイーダ】の名前にピンと来ずに、
そのままスルーしてベクセリア→エルギオスまで行ってしまうこともありえなくはない。
そこまではなくてもⅨの主人公はデフォルトでムチスキルを持っているので戦闘もしやすく、
縛りプレイとして一人旅を楽しむプレイヤーは他作品に比べて多いだろう。

堂々と一人旅プレイができるのは事実上(Ⅰと)Ⅲ、Ⅸのみであろう。
他作品では「棺桶」行為を行わなくてはならず、ゲームとはいえ多少気が引ける部分がある。