※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ(リメイク版)

【スタンシアラ】で密かに布教活動が行われている(らしい)宗教。
活動は夜のスタンシアラの教会で、教祖と思われるモンスターの【ベホマン】様が、
「ベホマ~ン ベホマ~ン」と言いながら治療を施す行為である。
だが、「金を取らずに施す」行為が評判を呼びベホマン様の見た目にも関わらず好意的な目で見る人もいる。
しかし現場にいたマーニャの話では「治療を受けている人間はサクラで、
ベホマンに下手に構うとそれだけでベホマン教に入信させられる」らしい。
ベホマンがどのような意図を持ってこの活動を行っているかは不明。
と言うより、この作品に「【ホイミン】【ベホイミン】、ベホマン」を揃い踏みさせるためだけに登場させられたのではないかとの疑問も残る。