※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

漫画家を経て、現在はゲーム関係のお仕事。
1991年、ドラゴンクエスト4コマクラブ創設直後でいろいろと体裁が整っていなかった時期に
「柴田亜美賞」(後のキングスライム賞に相当)を取り、颯爽と登場した奇才。(当時まだ高校生。)
「ニセ勇者シリーズである意味カリスマ化されていた【柴田亜美】が誉めた」のはかなり大きかったらしく
【ドラゴンクエスト4コママンガ劇場】で執筆しつつ、1992年からは月刊少年ガンガンでも連載を持つ。

順調に漫画家を続けるのかなと思いきや、1994年夏、ギャグ王で連載を始めた直後にスパッと漫画家を辞めている。
打ち切られたと思われがちだが、単にワガママでやめたそうである。
おそらく大学卒業を控え、この時期から就職活動を始めたのではないだろうか。

この直後にハイパーメディアクリエイターの元でフランキーオンラインの開発に関わったとのことであり、
次いでゲームの委託開発会社インフィニティに移り、1998年には「バルディッシュ クロムフォードの住人たち」を手掛けた後、
2000年頃にはGONZOに移り、「青の6号 Antarctica」でディレクター(アニメーターと言われることもあるがゲームのディレクターである)。
業が深すぎる…。
その後、GONZOから他のゲーム制作会社に移っているが詳細は不明。
なお、近年は埼玉を拠点に活動しているらしい。

2010年頃にツイッターを始めたことにより、新旧のドラクエ4コマ作家と交流を深めるようになり
特に【堀口レオ】とはツンデレの仲のようである。堀口の同人誌にも寄稿したことがある。

なお、ほぼ同期の【タイジャンホクト】とは、当時ゲーム仲間だった。
2chで特定されない程度に答えていた中では「タイジャンホクトは俺の嫁」だそうである。