※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ドラクエシリーズのシナリオライター兼ゲームデザイナー。
1954年1月6日生まれ、兵庫県洲本市(淡路島)出身。早稲田大学卒。

大学卒業後はフリーライターとして活動し、「月刊アウト」にて「ゆう坊のでたとこまかせ」(でたまか)を連載。
1981年に上述の「でたまか」の投稿者の会員番号の管理のためにパソコンを購入。
だが、当時はそうした機能は使いにくかったため、パソコンゲームに熱中、自分で作って遊んでいた。
そして1982年にエニックスが開催した「第1回ゲームホビープログラムコンテスト」に自作ゲーム「ラブマッチテニス」を応募し、入賞。
このコンテストを機に、同じく「ドアドア」で入賞した学生プログラマーの【中村光一】氏、エニックスのゲームプロデューサー【千田幸信】氏らと知り合う。
なお、このコンテストの最終選考会には、堀井氏自らが【週刊少年ジャンプ】の記者として取材を行っており、
千田氏から「まさか入選候補が取材に来るなんてねえ、夢にも思わなかったよ」と言われたそうである。

その翌年には【ポートピア連続殺人事件】を制作。
この推理アドベンチャーゲームは1985年にファミコンにも移植され、ゲーム業界に名を知られるようになった。
1986年にはドラクエシリーズの記念すべき第一作目【ドラゴンクエスト】の原作を担当。現在も担当している。
ドラクエⅢまではゲームの制作をする一方でジャンプ記者としての活動も続けており「ゆう帝」の名で「ファミコン神拳」のコーナーを担当していた。

ちなみに、堀井氏へのファンの愛称である『ゆう坊』は上述の「でたまか」に由来している。
この名前はⅤの仲間になった【はぐれメタル】の3匹目の名前として使われている。
Ⅵのはぐれメタルの3匹目、Ⅷの【キングスライム】のスカウトモンスターもこれが元。
ただし、『ゆうぼん』と少し変形している。