※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶのみに登場する武器。
攻撃力55で、主人公とアイラが装備できる。道具で使用すると使用者に【マホカンタ】の効果。
恐らく【さざなみのつえ】の亜種。

過去【海底都市】で入手できるが、この時点で攻撃力は相当なもの。
過去海底都市はクリア後戻ることができないダンジョンなので絶対に取り忘れないように!!!
ただし、山奥の塔で【ようせいのけん】を購入していたりすると、コレを見つけたときにちょっと後悔するかもしれない。(ようせいのけんも有用ではあるのだが)
のちに【コスタール】にて6200Gで買えるが、流石にこの時期になると要らない。

PS版では【におうだち】しているキャラがいる時にこれを使うと、何故か使用者ではなくにおうだち中のキャラにマホカンタがかかるというバグなのか仕様なのか分からない現象が起こる。
加えて、マホカンタによって呪文を反射するかどうかは、「実際にダメージを食らうキャラ」が【呪文反射】状態であるかどうかで判定されたため、全体呪文をまとめて跳ね返す事ができた。
これはしばしば「さざなみ仁王立ち」と呼ばれ、過去【マーディラス】編にて【メディルの使い】戦でメルビンが使ってにおうだちすると完封できる。

3DS版

におうだちの仕様変更によって、におうだち役にマホカンタするだけではこの戦法は成り立たなくなってしまったため、この武器の重要度は下がった。割と強めの剣と言うのは変わっていないのだが、【ラッキーパネル】が更なるヌルゲーと化した事により、そっちの価値も下がっている気がする。