※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

DQ世界において流通している貴重な鉱物。金銀銅鉄と違い、現実世界には実在しない金属である。
ゲームでミスリルと聞くとFFシリーズの方を思い浮かべる人も多いかもしれないが、DQにおいてもFC版Ⅰから存在が確認されている。

元ネタ

J・R・R・トールキンの書く小説の作品世界「中つ国」で採掘された金属「ミスリル」。
銅のように延ばせ、銀のように美しく、鋼よりも強く軽いという。
ミスリルとは作中の言語で「灰色の輝き」という意味であり、別名「まことの銀」、またモリアでしか採掘できないことから「モリア銀」とも呼ばれる。
その後、多くのファンタジー作品がトールキンの影響を受けると共に、ミスリルもまたファンタジー世界の一つの象徴として受け継がれていった。

使用されている装備品

【はやぶさのけん】【まほうのよろい】【みかがみのたて】【ミスリルヘルム】等に使われている。
そのどれもが高い能力や特殊な力を持っていて、そのことからミスリルを一種の魔法金属と思うかもしれないが、トールキンの小説では単に「優れた金属」であって、結果的に魔法的なものとも相性が良いという代物である。

なお、【アイテム物語】内では【ゆうしゃのたて】もミスリル銀を素材に製造していることが語られている。
水鏡の盾も同じ素材だが、そこには耐性のあるか無いかの違い、つまり製法や製作者の違いがあると思われる。