※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅴ以降とリメイク版Ⅳに登場する頭部防具。基本的に女性専用。
こんなものでもなぜか守備力が上がる。
Ⅴ、Ⅵでは【きのぼうし】をも凌ぐ守備力を誇る。一体どんなヘアバンドなのか…。
まあ【シルクハット】【てつかぶと】より守備力が高い世界なのだから今更何も言うまい。

DQⅣ(リメイク版)

守備力5、【モンバーバラ】で110Gで市販。
また、移民の町(Lv3)で拾うことも可能。
アリーナ、マーニャ、ミネアが装備可能。

モンバーバラ姉妹の最初の兜候補となるが、やや値が張る上にコーミズでより守備力の高い【はねぼうし】が売られているので、
買うことはあまりないだろう。
なお女性キャラの内女主人公のみ装備不可能。あの凄いクセっ毛では留められないのだろうか。

DQⅤ

初登場。守備力7。
女性キャラのみ装備可能。
幼年期の【アルカパ】でのみ150Gで市販されており、何気に青年時代では購入できない貴重品。
少年期では【ビアンカ】の初期装備ではなく、道具屋で買い与えることになる。
……が、レヌール城をクリアすればビアンカと別れてしまうため、活躍期間の短さが難点。
しかし後に彼女を嫁に選ぶプレイヤーにとっては、初めての彼女へのプレゼントとなる。とても微笑ましい。
ちなみに青年期のビアンカ初期装備もヘアバンドである。
他の装備も幼年期アルカパで揃えられる最強の品をチョイスされているため、「主人公が買ってあげた物ではないか?」と思わせる演出面ではナイスな初期装備であると言えるだろう。
おそらく多くの人がヘアバンド=ビアンカという印象を抱いているのではないだろうか。

DQⅥ

守備力7、かっこよさ10。
ミレーユ、バーバラが装備可能。
下の世界の【クリアベール】で150Gで販売。
ポルテの館でも拾える。
本作ではバーバラの初期装備。ヘアバンドといえばバーバラと主張する勢力(?)も多い。
しかし【ぎんのかみかざり】を残しておいたプレイヤーは、すぐそちらに取り替えてしまうだろう。
後に下クリアベールで市販されるが、さすがにその頃になって買う必要性は薄い。

DQⅦ

守備力4、かっこよさ10。
マリベル、アイラが装備可能。
【グランエスタード】城下町で100Gで市販され、【グロン】が稀に落とす事がある。
また、フィッシュベル等で拾うことも可能。

今作ではⅤ~Ⅵに比べて値段が2/3になった代わりに、守備力がダウンした。
恐らくマリベルが最初に装備する兜だが、あのほっかむりの印象が強いのでマリベルにヘアバンドというイメージは希薄。

DQⅧ

守備力5。
船着き場で150Gで販売。
モンスターの戦利品では【リンリン】【ガルーダ】【ワニバーン】【クロコダイモス】からは通常枠で、
【わらいぶくろ】【キメラ】からはレア枠でそれぞれ手に入る。
女盗賊のアジト、サザンビーク城で拾うことも可能。

Ⅶよりもちょっぴり守備力は上がったが、値段が150Gに戻った上にⅤ~Ⅵ程の守備力はない。
ゼシカの初期装備だが、プレイヤーの多くはヘアバンドよりも、
【ゼシカの普段着】に夢中だったので、そんなイメージはほとんどないと言っていいだろう。
また、何気に【ゲルダ】も自宅に収めてある辺りに、彼女の女性らしさの一端を伺わせる。

【うさぎのしっぽ】を錬金すると守備力14の【うさみみバンド】となり、鉄かぶとや【石のぼうし】に次ぐ守備力を得られる。
ドニ周辺の宝箱からうさぎのしっぽを回収したら即錬金しよう。

DQⅨ

守備力2、セントシュタイン城で60Gで市販。
【バンダナ】の次に弱い頭部防具だが、攻撃魔力が2上がるという付加効果もある。
今作では職業、性別問わず全キャラが装備可能。
やはり錬金素材としての価値が高く、【うさぎのおまもり】2つと錬金することでうさみみバンドとなる。
こちらは守備力・攻撃魔力・回復魔力を強化する逸品。早い時期に作りたい。
【かぜきりのはね】×2との錬金で【はねかざりバンド】【ネコずな】×2との錬金で【ねこみみバンド】も作れるが、
素材が揃う頃にはどちらも普通に買える。