※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ⅵ以降に登場する頭部防具。
いわゆるプラチナシリーズの1つで、かなりの守備力・かっこよさを誇る。ちなみにこれだけでなくプラチナシリーズ全てに言えることだが、実際の純プラチナは値段が高すぎるのはもちろん、その上金や鉛と同様に柔らかいく重いため、兜などの武具の素材としては全く向いていない。
防具として全く問題無く使用できるところを見ると、純プラチナでできているという訳ではなく、正確にはプラチナを含む合金でできている(=素材にプラチナが使われている)という意味でこの名前かついているのだろうか?
また、プラチナは錆に強く、金と同様に王水以外には溶けないというメリットもあり、プラチナが使用されているのはこのメリットを生かすためでもあるのだろうか?

DQⅥ

ベストドレッサーコンテストランク5の景品になっており、やり方次第ではかなり早い段階で手に入れられるので値が張る知力の兜までの繋ぎとして重宝する。
テリーの初期装備でもあり、仲間にした瞬間これをテリーから引っぺがすのはもはや恒例行事。
しかしソードやメイルと同様、なぜか売却不可なので金欠プレイヤーはがっかりしたことだろう。

DQⅦ

普通に市販されるようになる。相変わらずのかっこよさを誇るが、 守備力はやや落ちた感が。
主人公とアイラしか装備できないので、すぐミスリルヘルムに取って代わられる存在。

DQⅧ

パルミドのカジノの景品になっている。早い段階で入手できたらかなり強いが、
同カジノの景品のはやてのリングからしっぷうのバンダナや風の帽子が作れるので、
コインが足りなければそっちを選ぶのも良い。
かっこよさやベストドレッサーコンテストの要素がない本作ではプラチナシリーズを揃えるメリットはないのでスルーしても。

DQⅨ

グビアナで市販されているほか、錬金で作ることも可能。
守備力はたまはがねの兜と同等だが、向こうは錬金限定の上に作るのが少々めんどくさいのでこっちのほうが有用。
これとミスリル鉱石×3でミスリルヘルムが作れる。