※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

3DS版Ⅶ、Ⅷに登場する武器。初出はⅧ。

DQⅧ

剣系武器の一種。レイピアなので当然【ククール】のみ装備可能。
攻撃力+78に加え、疾風の名の通り素早さ+20のボーナスを持つ。
【レティシア】【闇のレティシア】にて10500Gで店売りされているが、錬金でも作ることができる。
【ドルマゲス】戦前に入手できるものとしては【ケイロンの弓】(+63)を越えて最高の攻撃力を誇る。
しかし錬金レシピは【堕天使のレイピア】【しっぷうのバンダナ】2枚となかなか面倒なもの。
レシピを揃えるために3回の錬金が必要、非売品の【はやてのリング】が2つ必要で、そもそも堕天使のレイピアで十分、後に市販される……といった理由から錬金する必要は薄い。
ドルマゲスを低レベルで倒したいなど、よほどの理由が無い限りはレティシア到着まで我慢しておこう。

装飾品枠を消費せずに素早さ+20が得られるので、とりあえず装備させておくだけでも損はない。
特に回復要員やタンバリン要員に転身してからはこの武器を装備していることが多くなる。
いままで弓や杖をメインに使ってきた場合でも、この武器が最終装備あるいは補助手段になる場合が多い。

DQⅦ(3DS版)

攻撃力65、かっこよさ32。装備可能者は【主人公(Ⅶ)】【メルビン】【アイラ】
【コスタール】【カジノ】で10000コインと交換できる。

今回は素早さボーナスではなく、通常の3/4の威力で2回攻撃が出来るという、【はやぶさのけん】でおなじみの効果。
と言うか、攻撃力が67から65に下がったことと、何故か売ることが出来ないこと以外は、
入手方法もかっこよさも装備可能者も、PS版における隼の剣と一緒。要するに、隼の剣の名前が変わっただけの武器である。

これは、隼の剣がソフトの予約購入者特典の配信アイテムに採用されたため、本編に登場しなくなったことによる置き換えである。
だったら最初からしっぷうのレイピアを特典にしろと思わないでもない。

DQMBⅡ

バトルマスターのWWS専用武器。必要な武器は【どくばり】【どくがのナイフ】
能力はちから:32 かしこさ:0 みのまもり:0 すばやさ:42。
技は「アサシンアタック」と「ライトニングデス」。
前者は一桁台のダメージか、相手単体の体力並のダメージを与えるという急所攻撃。ダメージは運任せであり、【セラフィムのローブ】を装備した主人公相手には一桁台のダメージしか与えられない。また、合体モンスターや魔王相手には急所ダメージが通常の武器の技と同等のダメージになってしまう。後者は敵全体に雷属性の攻撃をするというもの。
とは言え、アサシンアタックの運要素が強過ぎるために、あまり実用性が無い武器として扱われてしまう。