※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

この項目では、モンスターズシリーズで登場したモンスターとしてのラーミアについて記述する。
Ⅲに登場した移動手段としてのラーミアは【ラーミア】参照。

DQM2

モンスターズ2の公式大会限定で配布された。
種族は????系、【ベホマラー】【ザオラル】【マホイミ】と回復系の特技ばかりを習得する。
その上防御やMPの伸びが凄まじく、攻撃やHPは伸び悩むという典型的なサポートタイプ。
配布限定なのでレア度は高いが、公式大会に参加するようなプレイヤーが最も重視する会心率は低いので
貰っても大して育てないまま牧場の肥やしとする人が殆どだろう。

DQM1・2

PSでリメイクされたモンスターズ1・2の1の方でのみ他国マスターが連れている事がある。
肉を与えて仲間にすることが出来る唯一の????系なので、
ラーミアそのものではなく、配合素材の????系としての方が利用価値があるという可哀想な存在。
図鑑には載らないので、ラーミアがいなくとも図鑑を完成させることは可能。

テリワン3D

配信モンスターとして登場。???系のSSランク。
3枠モンスターで、素早さ、賢さは高いが、反面守備力は低め。
全国のマクドナルドにて、「マックでDS」で先行配信されていた他、スライムのおへやでも配信。
条件を満たせば自宅でも受け取れた。
この他、2012年9月に実施された「東京ゲームショウ2012」でもすれちがいデータを配信。
このすれちがいデータは「TGS2012」という名前であり、連れているモンスターは【ふくぶくろ】1体。
倒すとラーミア、勇車スラリンガル、【キャプテン・クロウ】のいずれかを受け取れる。
2013年2月4日にかつてすれちがいデータで配信されていたモンスターが全て一斉にノーマルプレゼント対戦に追加された為、現在では無条件で自宅で受け取れるようになっている。地域格差を無くす為かと思われるが、これで配信系モンスターの入手には困らなくなった。

DQM1・2とは違って、他国マスターが使ってくる事はなく、図鑑にも載るので図鑑の完成には必須。
特性はギガボディ、AI1~3回行動、みかわしアップ、れんぞく、光のはどう、回復のコツ(+25以上で追加)、星のおくりもの(+50以上で追加)。
【神鳥レティス】の代わりに【アギロゴス】【JOKER】の配合に使えるので、持っていたら使ってみよう。
スキルは固有の【ラーミア(スキル)】。固有スキルで得られる特技は【ベホイマ】【ザオリク】【せいれいのうた】【光のはどう】【メガザル】など、
こちらも回復系の特技ばかり習得するが、消費MP×2をかなり早い段階で習得してしまうので、これを回復用のスキルとして使うのはあまりオススメできない。消費MP半分を習得するスキルと組み合わせれば、回復系スキルに高確率で存在する【オロオロ】がない分、使えなくもないが…。ただし、このスキルでは【ベホマズン】を覚えられない点に注意。