※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

シリーズ初の世界地図。
今となってはドラクエで「たからのちず」と言えばⅨの【宝の地図】システムを指す場合がほとんどだが、こちらが元祖であることを忘れてはいけない。

【ミントス】の豪商ヒルタンが若い頃に手に入れた地図で、【ホフマン】の代わりに貰える。
宝の在り処に×がついているが、その場所は岩山に囲まれている。
気球を手に入れたら行ってみよう。 ちなみに宝とは【てんくうのつるぎ】のこと。
FC版ではもっぱら扉増殖技でよく使われるアイテムである。
DS版では第1章からDSの上画面に地図が表示されているが、これをもらうことで宝のある場所に×がつく。

世界地図は他の作品では【たびびとのちず】【ふしぎなちず】【せかいちず】の名で登場しているが、
これのように地図自体が1つの謎解きになっている作品はなかなか珍しい。