※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅡ

Ⅱに登場する港町。北西には【ルプガナ北のほこら】がある。
1つ前の町からの距離が猛烈に遠く、
【ムーンペタ】から【ムーンブルク】【ムーンブルク西のほこら】→砂漠→【ドラゴンの角】と延々歩き続けてようやくたどり着く。
当初は砂漠の中にあるオアシスに町を作る予定だったが、容量不足で削られたらしい。

港といえば船、と言いたい所だが、訪れた当初は港にいる老人に「よそ者には船を貸さない決まり」と言われて船に乗せてくれない。
老人の孫娘が町の隅で【グレムリン】に襲われているので、彼女を助けるとお礼として【船】をもらえる。
シリーズ最初の船の登場に心躍ったプレイヤーは多いだろう。
ここから冒険は一気に世界規模へと広がる。

ちなみに船入手後この町に入ると、この町の中の船着き場に船がいつの間にか移動させられてしまう。
そしてルーラでさらに別の町まで行ったとしても、船がここに繋がれっぱなしでついてこなくなる。
いちいち船着き場まで行かないと再び船に乗れないのが地味に面倒。

武器・防具店ではここから【みかわしのふく】が登場。
また、町の東の小屋にいる商人に【ふねのざいほう】を渡すと、お礼に【やまびこのふえ】をもらえる。

小説版

モンスターに襲われる娘にレシルという名前が付いている。
サマルトリア王子のコナンに想いを寄せており、後に彼と恋仲の設定になりエピローグでは婚約発表するなどヒロイン化。
ゲーム以上に重要な存在となっている。

DQMCH

船着き場のある街として栄えている。
個人用の船が無いこのゲームでは毎回100ゴールドを支払い、船に乗る事になる。ここから先は貯金を崩して船に乗り継いでいく事になる。全滅ばかり繰り返す冒険者は船に乗るお金すら残ってない事も。

なお、道具屋には医術士のモーリスが、宿屋の2階には盗賊のゲッツがいて、それぞれ仲間に加える事が出来る。

町の周辺の敵はそこそこ強く、【オニオンマスター】【とかげせんし】【プロトキラー】【グリズリー】【アイアンタートル】が登場する。
ムーンブルク地方の敵とは比べ物にならないくらい能力が上がっており、さらに【ドラゴンの角】に向かう途中で、何の前触れもなくルプガナ地方に入ってしまうので注意。