※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

Ⅴにのみ登場する巨大な海生爬虫類。
【しんかいりゅう】の上位にあたり、攻撃力が高く、場違いな威力の激しい炎や、燃えさかる火炎も吐いてくる。

動きを止める補助呪文が効かない上に、攻撃呪文にもやや耐性がある。
ルカナン・マヌーサは効くが炎は防げないので余り意味がない。
さらに、【キャプテンクック】【ネーレウス】といった強敵と組むことも多いので全滅必至の超強敵である。
ただ、コイツは出現場所でその地位をフイにしてしまった。
青年時代後半になると、【天空への塔】のある島の周辺の海域に出現するが、
出会うことなくすんなりと上陸できるケースが多く強さの割りには影が薄いと思われているようである。
覚えにくい名前と、Ⅵで【ディゴング】系、Ⅶで【ヘルダイバー】系などの新種の海竜が続々と出たため、
ついにはマイナーモンスターとなった。ただ、強いのにマイナーは凄い。

なお、SFC版、PS2版では「グロンデプス」だったが、DS版では何故か「グロンテプス」と変更されている。
SFC版の「おばけきのこ」も【おばけキノコ】に表記変更されているものの、名前自体が変化しているのはコイツだけだ。
こいつの場合は実際に名称に変更があったのか、それともスタッフが名前を間違えただけなのかは不明である。