※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

モンスターズシリーズ4作目。2006年12月28日発売。機種はニンテンドーDS。

ストーリー

謎の組織「ジェイル」の施設の中、牢の中から一人の少年が出るように命じられる。彼こそがこの物語の主人公。
施設を抜け出して「バトルGP」に出ようとしたことを理由に牢の中に10日間牢に閉じ込められていた。
主人公が牢屋から出されたのはジェイルの統主であり、主人公の父【ギルツ】からの命令のためであった。
主人公はギルツから「バトルGPへの出場を許可する。ただし『任務』として、だ。」と告げられる。
主人公は【スカウトリング】とモンスターを受け取り、グランプール諸島唯一の町がある島【アルカポリス島】へ向かう。
そこでは、今年のバトルGPは去年までのルールとは違うことが出場者や住人の間で噂されていた。
その裏に渦巻く陰謀とは…?

システム

  • 【シンボルエンカウント】を採用。モンスターと接触することで戦闘が始まる。
  • 前作までとは異なり、グラフィックをフル3D化。
  • モンスターの強化方法が【配合】に戻り、4体配合などの新要素も。
  • 通信による対戦はもちろん、DSの機能を生かした『すれちがい通信』による対戦も可能。
  • Wi-Fiシステムを使った『JOKER'SGP』に参加可能。環境さえあれば、誰でも参加できる。
  • Ⅷと同じく【スキル】システムを採用。3つまでスキルをモンスターに習得させられる。
  • モンスターごとに能力値に限界値が設定された。

評価及び問題点

モンスターズシリーズでは2003年3月に発売された『キャラバンハート』以来3年9ヶ月ぶりの新作であることと、
DSならではの新システムを備えたシリーズ最新作として発売前から話題を呼んだが、発売後の評判はいまいちであった。
代表的にあげられた不満点として、

  • モンスターの能力値にそれぞれ限界が設定された。このため、好きなモンスターを強くすることが出来ない。
  • 序盤に登場するモンスターから貰える経験値のバランスが酷く、レベルが上がりにくい。
  • 序盤のボスがイオラなどの中級呪文を連発してくる。
  • 経験値が稼げるメタルエリアにいくには、スライム(アストロンも使用する)24匹を倒すミニゲームをしなければならない。そのうえ滞在時間は2分位というマゾ仕様。
  • クリア後の楽しみが前作に比べてかなり少ない。
  • 主人公の移動速度が遅く、ルーラなどの移動手段も不便。
  • 新登場モンスターが少なく、Ⅷのモンスターがほとんど。過去のシリーズの人気モンスターもいない。
  • 『JOKER'SGP』上位にチーター(改造ツール使用者)が跋扈。
  • モーターボートが登場したり、建物や服装も近代的になっているなど、世界観がズレている。
  • タイトル画面で「ドラゴンクエストマーチ」を流さない(一応EDで流れるが)。
  • レティスなどの配信限定モンスター入手について遅くから始めた人への救済策がない。

以上のような点がテリー、ルカ・イル、キャラバンと遊んできたプレイヤーには不満を感じたようだ。
このような点が祟り、現在でもDQMJシリーズの中では最高難易度を誇る。