※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵ、Ⅶ、Ⅸに登場する武器。
Ⅲに出てきた【さざなみのつえ】と被ってる気がしないでもない。

DQⅥ

攻撃力74、かっこよさ42。杖では最強の攻撃力で、かっこよさも意外に高い。
【ガンディーノ】で14000Gで市販されている他、【ポセイドン城】でも拾える。
また、その名に準えて【キラーウェーブ】【マッドウェーブ】が稀に落とす。

人間キャラではバーバラ、チャモロの他、テリーも装備可能。
SFC版限定モンスターではウインドマージ、ダークホーン、ランプのまおうが装備可能。

ポセイドン城で手に入る分をチャモロに渡せばなかなか役立つ。売値も10500Gの値が付くので、用済みになれば売って金にするのも手。
道具で使うと【つなみ】の効果があるが、威力が低い上によく失敗するので武器として使った方がいい。

DQⅦ

表記は「海なりの杖」。【主人公(Ⅶ)】【マリベル】【メルビン】が装備可能。
やはり使うとつなみの効果がある。
性能と値段はⅥ据え置きだが、杖では更に上位の【えいゆうの杖】が登場し、売値もⅦのレート上半額になってしまった。

【コスタール】で販売されている他、ホビット族の集落で拾える。
しかしこの頃はマリベルが離脱しており、主人公とメルビンは当然剣の方が強い。
他の武器の性能に阻まれて使用機会に恵まれず、つなみの性能も相変わらず中途半端なので、冷遇されていると言わざるを得ない。

3DS版

つなみの特技が削除された関係で、戦闘中の使用効果が【コーラルレイン】にパワーアップした。
また人間上級職の特技が引き継げなくなった仕様変更の関係で、この手の特殊効果持ちアイテムの価値が大幅アップ。
どの職になっても使える100ダメージ全体攻撃は非常に便利なので、武器として装備しないまでも、持たせておくだけでも損は無い。

DQⅨ

ストーリー中盤で入手できるようになったためか、攻撃力が25に低下している。他の杖と同様にMP吸収効果が付いた。
また、津波の効果が削除され、代わりに水系の敵への特効効果が付いた。しかし、杖そのものの攻撃力が他の武器に比べると低く、大抵は力の低い魔法使い辺りが装備することとなるため、どうにも効果を活かしづらい。
だが、クエストNo.39【幻の巨大魚を追え】で必要となるアイテムの一つに指定されており、少なくとも一度は装備することとなる。
このことから、Ⅸでの扱いはⅥとⅦよりはまだ良い方と言える。

DQMBⅡ

第四章から登場した僧侶専用の杖。
上昇するステータスはかしこさ+36 みのまもり+15 すばやさ+12。
使える技は「げきりゅう」と「ヒャダイン」。
前者は杖の先から水流を出して氷属性のダメージ、後者は氷の塊を飛ばして攻撃する呪文。

とにかく氷属性に特化した杖なので、氷を弱点とする相手にぶつければ大暴れできるが、
相手の耐性によってはほとんどダメージを与えられないので注意。