※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページでは不思議のダンジョンシリーズの指輪について扱います。
本編に登場する指輪については装飾品をご覧ください。

不思議のダンジョンシリーズにおける定番の装備品の一つ。
装備すると能力を補助したり、新たな能力を得ることができる。
トルネコ2の戦士のみ指輪を装備できず、魔法使いは逆に指輪しか装備できない。
なお、指は10本あるのに、トルネコシリーズでは1つしか装備できない。
恐らくはゲームバランスを考慮してだろうが、4コママンガ劇場では、この事をネタにしたマンガもあった。

ハラヘラズの指輪など便利な効果を持つのが多い半面、致命的なマイナス効果を持つ指輪もまた多い。
呪われていると外せなくなるので、出来るだけ識別してから装備したいところ。
また、全体的に高級品で、換金アイテムとしての側面も持つ。ただし落ちている確率は低め。
マイナスアイテムでも値段が高いものは多いので、使わなくても持ち歩く価値はそれなりにある。
未識別名は『ダイヤの指輪』や『ルビーの指輪』といった宝石名だが、値段は変わらない。

トルネコ1では呪いの仕様が特殊で、呪われている指輪の呪いが解けるのはその冒険の間のみ。
持ち帰って倉庫に預けると呪いが復活するので、貴重な指輪が呪われていると空しくなる。

トルネコ3では【合成】が可能になり、指輪の能力を移すことができるようになった。
武器や盾と同じく【印】による制限もある。
呪いの仕様が変わり、呪われていると効果を発揮しないので、マイナス効果でもリスクは下がった。

少年ヤンガスでは+値が設定され、能力補助の効果が主になっている。
マイナス効果の指輪が減っているので、識別せず装備するリスクは下がっている。
2つまで装備できるようになり、+10(命の指輪のみ+30)まで鍛えられるようになった。
合成は同じ種類の+値のみ合成可能で、強化の壷でも+値を強化することが可能。
なお、状態異常を防ぐといった類の効果の物は新設のお守りに引き継がれている。

あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


ら行


わ行