※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶに登場するダンジョンの一つ。
【ほのおのせいれい】が眠っている場所で、【謎の神殿】と旅の扉で繋がっている。
過去・現代を通じて【エンゴウ】地方に存在する。
エンゴウの北にある活火山で、その名の通り溶岩が溢れる炎のダンジョン。
本編では最低でも3回、ここを訪れることになる。

1回目

過去エンゴウにてほむら祭の火送りの儀に参加した際訪れる。
過去のエンゴウでは炎の神が居る場所とされ、ほむら祭りのとき以外は立ち入り禁止になっている。
占い師パミラの頼みを聞いて最下層へ行かないといけない。敵は結構強いが、回復ポイントがあるので何とかなるだろう。
最新部には【炎の巨人】が棲んでおり、祭で投げ入れられた火を吸収してエンゴウを滅ぼそうと企てていた。
この企みを阻止するのが過去のエンゴウでの冒険の目的となる。

ちなみに、【パミラ】に「時間がない」と警告される通り時間制限のようなものがある。
主人公たちがダンジョン内の階段を3回昇降する度に松明を火口に投げ入れる列が進んでいき、
一番最後の村人が松明を投げ入れてしまうと、火山が噴火するムービーが流れる。
そして麓のエンゴウの村は炎に包まれ焼滅……と思いきや、実は夢でしたというオチ。
結局、ほむら祭りの開始直後からやり直すことになる。
なお、火口に火を投げ入れた後に村に戻っても同じムービーが流れ、強制的に時間が巻き戻されるので注意。
装備などはほむら祭りの前にあらかじめ整えておくのが望ましい。

2回目

現代に復活した炎の山に、不思議な石版を取りに訪れる。
過去に訪れた時と同様にモンスターも出現するが、
出現するモンスター自体は過去と変わっていないので特に問題なく探索することが可能。

現在のエンゴウではとくに信仰の対象とはなっていないようで、
火山を村の新たな観光スポットにできないかと言う者まで現れる始末。
ほむら祭りも長年行われておらず、門番もいないので普通に中に入ることができる。

なお、ここには固定移民も登場する。期間限定(【コスタール王の親書】貰う~四精霊復活まで)なので忘れずに。

3回目

終盤に入ると再びエンゴウ地方が闇に落とされ、パミラと共に原因究明に向かうこととなる。
かつて訪れた最深部にさらに奥へと続く通路が開かれており目的地はその先にある。
もちろん出現モンスターは強力になっているが、今回も途中に回復ポイントがあるので利用しよう。
また、ここにはゴールデンスライムがよく出るので、金稼ぎポイントでもある。
この山の真の最深部に辿り着くと、パミラの助手のイルマが【しゃくねつのカギ】【もえる水】を持ってきてくれる。
これらを使用することで炎の精霊が力を取り戻す。
そして主人公たちの力を示すために彼と戦闘になる。