※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

全作品に登場するオブジェクト。
何らかのアイテムが入っている事があるお馴染みの物体で、【タンス】【樽】と同じく物色の標的となる。
主に薬草や毒消し草といった初歩的なアイテムが手に入るが、ちいさなメダルが入っている事も。たまに人が隠れていることもある。
Ⅶ、Ⅷとリメイク版Ⅳ以降では叩き割って調べる仕様になったため、主人公らがより凶悪な存在となった。
それなのに何故か、一度画面を切り替えると元通りに復活しているのが不思議でならない。
Ⅶの【海底都市】には普通の壺よりも飛行距離の伸びた【よく飛ぶ壺】も登場している。
Ⅸでは樽共々、調べると叩き割らずに触れるだけで木っ端微塵に破壊されるようになった。
また、【青宝箱】と同様に電源を切ると一度割った後でもアイテムが再び手に入るようになった。
但し、青宝箱と同様に中身はランダムに変わる。

Ⅴ~Ⅶでは【あくまのツボ】【ツボック】という【トラップモンスター】が潜んでいる場合があるので、不用意に調べると全滅に追い込まれることも。
不安なら【インパス】の呪文を使おう。
ちなみにこのモンスター、叩き割って調べる作品でも、割った後に容赦なく出現する。
さっき粉々に割ったはずなのに、何故壷型の敵が襲いかかって来る事ができるのだろうか。
なお、このトラップモンスターはⅧ以降では本棚のものと共にめでたく(?)削除された。

ちなみに、世界中にある壺はPS版Ⅳでは移民として登場するワルドナー、
Ⅸではエラフィタの井戸でクエストを依頼してくるガリレーの両陶芸家がその大半を製作しているとのことである。

DQMCH

人語を解し、喋ることができる【ふしぎなツボ】が登場しており、小さなメダルを集めている。
また、フィールドイベントで怪しい壷が登場し、その封を解くと【グランドサタン】などの上級モンスターが出てくることがある。

不思議のダンジョンシリーズ

アイテムの種類として登場している。詳細は「壺(不思議のダンジョン)」にて。
また、いつもの通り町中などでの調べる対象としても登場している。