※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

過去の【ダーマ神殿】シナリオにて起こるイベント。
山と海に囲まれ、魔物にまで支配された地上の牢獄、【ふきだまりの町】にて発生する。

その内容とは、求めれば魔物から人間の魂を抜きとって作りだした魔剣、「魂の剣」を託され、
その剣で5人の人間の魂を砕く事に成功すれば、奪ったチカラを返して自由を与えてくれるというもの。
ふきだまりの町に送られた人間がこの地から逃れるためには、基本的にこの魂砕きに挑戦する他に方法がない。
偽の大神官の罠によって力を奪われ、希望を失った冒険者への悪魔のささやきである。
町を支配していた【スイフー】はこれを禁止していたのだが、町に馴染めぬ新入りの戦士が手を出してしまった。

だが実はこれは罠であり、魂砕きに成功した者もすぐには解放されず、奪った力を返されると共に決闘場への挑戦権を得るだけで、
それを勝ち抜いても最後には【アントリア】に殺される運命にあった。
【勇者を目指す戦士】に、決闘場で対戦する【ネペロ】【ガルシア】【トンプソン】【ナプト】【ドンホセ】、アントリアに瞬殺されていた武闘家を合わせると最低でも7人は魂砕きに成功していたことが伺える。

ちなみに魂を砕かれた者は昏睡状態に陥るか、魔物に操られ【山肌の集落】で監視員をするか、決闘場の雑用をやらされている。
アントリア討伐後は「魂の剣」を出すことは出来なくなっており、モンスターの何らかの力が働いて出せていたようだ。

作中では勇者を目指す戦士が「魂砕き」に手を出してしまい、それとはまた別の形で【ザジ】、そして【ネリス】も「魂の剣」を手にしている。
また、「魂の剣」を持っていると人を憎もうとする気持ちだけが溢れ、正気でいられなくなるという。
なお、魂を砕かれ操られていた人間は、本人の魂で作られた剣で持ち主の身体を貫くと正気を取り戻す。
余談だが、3DS版の魂の剣は見た目が某オサレ漫画に登場する「魂を切り裂くもの」にそっくりである。