※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

リメイク版ⅣとJOKERに登場する【ベホイミスライム】の名前。

因みに、【栗本和博】の4コマにもライアンがホイミンに色を塗って「ベホイミン」というネタが先駆けて出ていたが、もしかしてそれが元ネタだろうか?

DQⅣ(リメイク版)

ある程度ストーリーを進めるとイムルの村の牢獄に投獄されていて、さいごのカギで扉を開けて脱獄させると、「人生をやり直したいから」と移民の町に加えることが出来る。
罪状は食い逃げ。それ以前の問題のような気もするのだが……。
このとき牢の見張りから、しょうもないダジャレが聞ける。
このインパクトのためか、完全なネタキャラながら、PS版とはほとんど別システムとなったDS版の移民システムでも【グランピサロ】とともに再登場した。

ちなみにホイミンベホマンとは古い友人らしく、ホイミンが第一章で早くもその存在を言及するシーンがある。
ホイミンがライアンの手助けをして仲間になったり、ベホマンが無償で医療活動を行っているのに対し、こいつだけこの体たらくである。
ホイミンの発言によると、昔から大酒呑みであったとされ、常に酔っ払っている。
「酔いが覚めると爆発するんだ」とかヌカしたりと、発言もかなりヤバいことになっており、重度のアル中であることが伺える。

JOKER

こちらでは自称ベホイミスライムの同名のマスターが登場する。
借金取りから逃げ続けた結果、アルカポリス島のスラム街に身を隠すハメになったらしい。
大酒呑みという共通点があるうえ、こんなロクデナシのベホイミスライムが何匹も居るとは思えないため、同一人物の疑いがある。
各地のGピットのサロンに現れモンスター交換ができる他、ストーリーを進めるとアルカポリス島のスラム街にも現れる。
見た目がホイミスライムなのは、借金取りの恐怖で顔が青ざめて元に戻らなくなってしまったかららしい。
しかし、ジョーカーの世界ではベホイミスライムは認知されていないらしく、
「ベホイミスライムなんて聞いたことねーぞ。それにモンスターがマスターやってるのはどういう冗談だ」などと、散々な言われようだった。
バトルGPにも参加しており、Gピットのサロンの掲示板に名前が載ることもあったのだが、残念ながら決勝戦には残れなかった。
スラムの一部住人からはそれなりに期待されていたようで、決勝まで残れなかったときには「スラムの星になりそこねたか」と残念に思う人も居たようだ。
GPの賞金を獲得し損ねた彼は、借金から逃れるために高飛びを画策し始めたりする。

自身が回復系スライムなだけあって、交換でもらえるのは回復系スライムばかり。
  • バトルGP参加登録後~
    あくま系×3口ホイミスライム♀
  • カルマッソ会長との対戦後~
    リリパット口エンゼルスライム♂
  • 4ヶ所目のほこらクリア後~
    しりょうのきし口ベホマスライム♀
  • バトルGPクリア後~
    キラーアーマー&ドラゴンバゲージ口スライムベホマズン♂

ちなみに、バトルGP参加の縁もあってか、Wi-FiのJOKER’S GPで司会として働いていた時期があった。
やっている理由はお金のためらしいが、たまにバイト代が安いと不満を漏らすことも。
仕事中に泥酔して、メロメディアにお叱りを受けたこともあった。