※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

JOKERシリーズに登場するドラゴン系のモンスター。
姿は竜神王の色違いであり、Ⅷで登場した白銀の巨竜とよく似ている。

DQMJ

ドラゴン系のSランク。
図鑑説明によると、別の世界では【マスタードラゴン】と呼ばれているらしい。
ギガントドラゴン+メカバーンという配合で生み出せる。
やや面倒な配合であるが、それでもCHに比べると幾分手頃になったといえる。
能力値はややMPが物足りないが、それ以外はかなりの高さになるので十分役立つ。
配合面ではドルマゲスやオルゴ・デミーラ、竜王などの強力な種族を生み出すのに必要になる。
特に竜王を生み出すためにはこいつが二体も必要になるので、作るなら根気が大事。
所持スキルの「ゆうき」で覚えられる強力な技も魅力の一つだろう。

DQMJ2

枠システムの追加に伴って、Mサイズ(2枠)に変更された。
図鑑説明が無くなり、マスタードラゴン自身が本作に出演したことから、こいつは何だかよくわからない存在になってしまった。
ドルマゲス、オルゴ・デミーラ、竜王、神竜の配合素材になるので何回も生み出されることになるだろう。
特性はテンションアップ、炎ブレスブレイク、メガボディ。
竜神王のレッサーバージョンといった感じのステータスのため、戦闘要員というよりは配合素材としてみなされている。

DQMJ2P

モンスターの卵から生まれたり、GJから貰えたりするなど、入手が容易になった。
また、ドルマゲス、竜王、ギガデーモンの素材となっており、やはり配合に利用されることは多い。
特性はメガボディ 1~2回、テンションアップ、炎ブレスブレイク、光のはどう。
竜神王と比べるとMPが多くデインを無効化し、ゲモンと比べると状態異常に強いなど、通信対戦でもある程度の見所はある。
環境的には今作が一番活躍させやすいだろう。