※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジョーカーから登場した特技、または呪文。
「アタック」+「カンタ(カウンター)」の文字通り物理攻撃を反射する効果がある。

DQMJ

ターン開始時に身構え、使用ターンに一度だけ、自分への通常攻撃及び一部の物理攻撃系特技を反射し、攻撃してきた敵に通常攻撃と同等のダメージを与える。
マホカンタや追い風のように敵から受けるダメージをそのまま跳ね返しているわけではないことに注意。
効果そのものは強力だが、使用ターンのみで、しかも一度だけしか効果がないなど使い勝手はイマイチ。
また【すてみ】【しっぷうづき】【ギガブレイク】など反射できない物理系特技も存在する。

AIで使用することもなく、新登場したはいいが影の薄い特技であるが、消費MPは64もある。
これは、メガザルやマダンテなど全MPを消費するものを除くとシリーズ最大で、
Ⅲで初登場したベホマズンの消費MP62をも凌ぐ値である。
しかし、Ⅸのベホマズン(消費MP128)に早くも消費MPトップの座を奪われてしまった。
さらにジョーカー2プロ以降は、バランス調整のためにさまざまな特技の消費MPがインフレしているので
64という値も大して珍しいものではなくなった。

DQMJ2・テリワン3D

ジョーカー2以降は、構えを取る特技からマホカンタのように自分に補助効果(【物理攻撃反射】)を与える呪文に変更され、4~7ターンの間、通常攻撃や斬撃を跳ね返す効果になった。
ジョーカー1のような斬撃を跳ね返す構えは【斬撃よそく】として登場している。

消費MPは32で、従来よりは少なくなっている。
また、常時アタックカンタ状態になる【つねにアタックカンタ】の特性も登場した。

イルルカ

今作から、テンションを一段階でも上げていると貫通するようになった。
テンションアップは全モンスターが行えるので、対策が簡単になった。