※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

火のルビカンテの特技……ではなく、ジョーカーシリーズに登場する特技。
巨大な火柱を立ててなぎ払う神獣専用の特技である。


DQMJ

勘違いしやすいが、メラ系でも炎ブレス系でもなく、火炎系の特技である。消費MPは32とかなり多い。
威力は最初は110~134と鬼火より低いが、レベルをあげれば最大で287~349まで上がる。
ガルハート2のスキルでのみ覚えられる。

DQMJ2

表記が「火炎竜」となって登場。消費MPが25に減ったが威力もその分抑え目になり最大で153~187までしか出ない。
属性が「メラ系」と「炎ブレス系」の複合になり、ダメージを受ける側の弱いほうの耐性で計算されるためダメージが通りやすい。
覚えるスキルはガルハート2のほかにJOKER、竜のひざけ、ウイングタイガーでも習得できるようになった。

DQMJ2P

ガルハート2が最強ガルハートに名称変更が変わったこと以外は、変更されている個所はない。

テリワン3D

竜のひざけで覚えることができなくなったかわりに、スラ忍オレンジのスキルで習得できるようになった。
他の3つのスキルに関しては変更はない。
消費MPが44と多くなったが威力も198~242までと上限が上がった。
上位の体技は軒並みマイナス特性が付与されるため、デメリットがつかないこの特技は相対的に使いやすくなった。

DQMBⅡ

必殺技として登場。肩書きは「究極灼熱奥義」。
魔法系職業の杖による炎属性か灼熱属性の技、【いばらドラゴン】の「しゃくねつの息」、【ダースドラゴン】の「しゃくねつ」で発動する。
灼熱のブレスと魔法の力で生まれた竜が敵全体を焼き尽くすというもの。マヒの追加効果がある。

その他

余談だが、ルビカンテの特技は「火燕流」と書くらしい。