※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

シリーズほぼすべてに登場するシステム。
説明するのもどうかと思うが、男であるか女であるかのことである。
本編では特技の【ぱふぱふ】を使った時、受けた時の効果の違いや、装備品の違い程度。
基本的に女性専用の装備品が優遇されている傾向はあるが、気にしなくてもいいだろう。
ステータスには書かれているが、意味があるのはキャラの個性付けぐらいかも。
なお、仲間モンスターの性別はすべて???となっており、性別は不明。
これはⅥで卵をテリーに壊されたことを怒っているドランゴでも、例外ではない。

DQMシリーズ、少年ヤンガス

本編では上記のような扱いであるが、CH以外のモンスターズシリーズと少年ヤンガスでは非常に重要。
【配合】する時に、モンスターがそれぞれ♂と♀でないと配合することは出来ない。
したがって、事前によく考えて作らないと配合できなくなってしまう恐れがある。
性別を変えるには、孵化する前に【タマゴ鑑定士】【モリー】に頼んで【祝福】を行うのが一般的なやり方。
少年ヤンガスでは【ぎゃくてんの杖】を、PS版モンスターズ1・2では【きせきのしるし】を使うとことで、後天的に変えることも可能。
また、モンスターズ1では♂になりやすい種族、♀になりやすい種族が存在する。
♂になりやすいのはウイングスネーク、ひくいどり、ゴールデンゴーレム、にじくじゃく、
♀になりやすいのはローズバトラー、スカイドラゴン、しんりゅう、ホークブリザードである。
なお、????系は配合によって生まれる時は必ず♂となるため、孵化させる際には注意が必要。

ジョーカーでは雌雄同体という3番目の性別も登場。性別表示は♂と♀が○の部分で組み合わさったもの。
♂とも♀とも配合できる便利な性別だが、この性別同士での配合はできないので注意。
出現比率は1/16と非常に低く狙って仲間にするのは困難だが、【きんだんのバイブル】を使えばこの性別のモンスターを呼び出せる。
配合では約6%程度の確率で生まれてくる可能性がある。ちなみに神獣はすべてこの性別である。

テリワン3Dでは一部の種族に性別の偏りが発生するようになり、
歴代の魔王連中やとらおとこ、スライダーガールのように性別がはっきりとわかるものに関しては本や杖で性別を変えない限り100%性別がどちらかになる。また、きんだんのバイブルを使わない限り、野生では雌雄同体のモンスターが出ない仕様になっている。
これを忘れていると配合の時に♂ばっかりで困るという事態が発生する。究極配合の仕様上、神獣も雌雄同体固定ではなくなった。
また、旅の扉の最深部にいる仲間になるボスモンスターは、殆どが雌雄同体で仲間になる。