※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ⅣとⅧに登場する特殊な世界。
普通の世界とは何らかの形で隔絶されている場所。
また、作品によっては比喩表現として「闇の世界」という単語が用いられることもある。


DQⅠ

【りゅうおう】との決戦前、彼の誘いに乗ると、
「では 世界の半分 闇の世界を 与えよう!」と言われる。
具体的にどう分けた上での「半分」が「闇の世界」なのかは不明となっている。
あるいは、この後そのまま画面が暗転することを指しているのかもしれない。

DQⅢ

光が失われた世界、【アレフガルド】のことを指す場合がある。
【バラモス】討伐後に【ゾーマ】が姿を現した際、
「わが名は ゾーマ。 闇の世界を 支配する者。」
という自己紹介をしてくれる。
よもやプレイヤーも、ここで言う「闇の世界」がかのアレフガルドだとは思わなかっただろう。

当のアレフガルドでは、主人公達が初めてこの世界を訪れた際【ラダトーム西の港】に居る男が、
「あんた 見ない顔だね。 そうか! 上の 世界から やってきたんだろう!」
「ここは 闇の世界 アレフガルドって言うんだ。」といったことを口にする。

また、ラダトームの町に居る女性の口からも、
「ここ アレフガルドは 閉じられた 闇の世界。 ただ 絶望があるだけですわ。」
といったセリフを聞くことができる。

DQⅣ

アレフガルドと同じく光の差すことがない地底世界にこの名称が与えられている。
【ゴットサイド】から【闇の洞窟】【架け橋の塔】を経由して足を踏み入れることになる。
【デスピサロ】【進化の秘法】を自らに用いた場所で、
彼が結界を張って閉じこもった宮殿、【デスキャッスル】が大陸の中心にあり、
また大陸の周囲はデスピサロの憎しみを体現するが如く、真っ赤な海で囲まれている。

デスキャッスルの他にはそのすぐ北に【デスマウンテン】が、南に架け橋の塔と【きぼうのほこら】が存在し、
大陸の北東・北西・南東・南西には件の結界を維持している4つの【結界のほこら】がある。
デスキャッスルへはこの4つの祠を守護するボスを倒してようやく侵入することができ、
デスマウンテンはへはデスキャッスルを攻略して初めて足を踏み入れることができる。

希望のほこらでは無料回復とセーブができるため、闇の世界攻略の拠点となる。
また、アレフガルド同様に地底なのにルーラは有効なので、一度希望のほこらにさえ辿り着ければ以降は移動の心配はない。
なお、希望のほこらでセーブしてから冒険を終了した場合、オリジナル版ではここ以外で最後にセーブを行った場所から、
リメイク版ではエンドールから冒険を再開することになる。

ちなみに、「闇の世界」という名称はDS版の公式ガイドブック上で初めて判明したもので、
それまでは単に「地底世界」などと呼ばれていた。

DQⅧ

【隔絶された台地】にある空間の裂け目から行くことが出来る世界(主人公達が普段居る世界は「光の世界」)。
光の世界の風景から色が喪失したような世界で、地形の構造などは光の世界と全く同じ。
【暗黒神ラプソーン】はこの世界と光の世界を一つに束ね、その両方に君臨することを目的としている。

主人公が実際に行動できるのは隔絶された台地エリアだけで、ルーラの移動候補先も【闇のレティシア】のみだが、
その外側の世界も光の世界と同様の世界が広がっているらしい。
光の世界のレティシアにも闇のレティシアにもいる、外の世界からやってきた神父や商人の存在がその証左と言えるだろう。

その名の通り闇に塗り潰されたモノクロの世界で、人も風景も水墨画のような黒い濃淡で構成されている。
ただし、川や海、毒沼といった水や、たいまつで灯された火は色付きで表現されており、色の概念が全く無い訳ではない模様。
出現するモンスターは黒一色の奴らばかりで、以下のようなモンスターが出現する。
【スライムダーク】【シャドー】【あんこくちょう】【影の騎士】【まかいじゅ】【ヘドロイド】【デスターキー】【クロコダイモス】
不穏なフィールドBGMやその見た目に驚かされるが、ラプソーン配下の魔物たちを除いて、別にこの世界そのものやこの世界の住人が邪悪な存在というわけではない。
ごく普通の人々が光の世界とほぼ同じ暮らしを享受している。

この世界で自然物以外で色がついてるのは主人公と神鳥【レティス】、そして宝箱だけ。
そのため主人公のカラフルっぷりは目立つことこの上なく、また宝箱もやたらと目立っている。

レティスのイベントをこなし重要アイテムをゲットすればもうこの世界に来る理由は無いが、
空間の裂け目自体は変わらず存在しており、出入り自体はいつでも可能である。