※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

アーケード版ドラゴンクエストモンスターバトルロードから登場した、【スーパーキラーマシン】に次ぐオリジナルモンスター。
赤くてヒゲが生えた巨大なスライムの上に、キングスライムの冠を被り2本の剣を持ったヒゲの騎士が乗っているという外見である。
その後はⅨやモンスターズシリーズにも出演している。また、色違いに【ゴッドライダー】【デンガー】がいる。

DQMB

第六章から登場した合体モンスター。
組み合わせは【スライムナイト】【メタルライダー】【ダークランサー】。新登場のダークランサーを含むライダー系統で構成されている。
ステータスはHP:2370 ちから:216 かしこさ:143 みのまもり:85 すばやさ:110。
技は「スパイラルスラッシュ」と「風刃」。
前者は2本の剣を合わせて敵単体に投げつける2回連続攻撃で、後者は体を回転させて敵全員を竜巻に巻き込む。

ダークランサー同様、暗黒属性の攻撃と全ての攻撃呪文に強く、炎・灼熱・雷・爆発属性の攻撃に弱い。

DQⅨ

宝の地図の洞窟のボスとして登場。本編では珍しいスライム系のボスモンスターであり、
全編通してもまれな、明確に「悪役」として位置づけられているスライム系である。
他の宝の地図のボスと同じように創造神グランゼニスの体の一部と思われるが、どの部位かは不明。
通常攻撃の他、痛恨の一撃を繰り出したり、Wアタックで一人に、イオナズンで全体にダメージを与えてくる。
凍てつく波動で能力強化を無効化したり、盾は持っていないが両手の剣で攻撃をガードすることも。
しかしこのボスの驚くべきところはそんなところではない。
それは【スライムベホマズン】を呼ぶという、ボスとしては前代未聞の珍事をやってのけるのだ。
ベホマやベホマズンを使われてしまうと、全快ではないがHPを999も回復されてしまうので注意。
スライムベホマズンは本体よりも優先して倒そう。しかし、レベルによっては痛恨に耐えられず、
イオナズンで大ダメージを受けてしまい、回復に追われ攻撃どころではなくなることも多い。
一撃の威力が弱いと、スライムベホマズンを止められないので、戦うのはできればクリア後の方が良い。

スライム系のお約束として闇属性がよく効くので、ドルマドンやダークフォースを使って攻めるとよい。
スライムベホマズンも闇属性が弱点なのでダークフォースは特に有効である。
倒すと、奇跡の剣の他、最強の手袋の素材となる【わざしのてぶくろ】を落とすことがある。
ちなみに通常盗めるのはプラチナヘッド。

なお、戦闘前には
「ここは忘れ去られた地……。封印された兵士たちの墓場……。
だが心に戦いの炎あるかぎり戦いは終わることはない。
そうとも!きさまの命をかてとしこの封印をうちやぶってふたたび世界を戦場に変えてやる!」
と言ってのける。まるで常に戦いを求めるファイターの言葉である。
また、女神セレシアの事について暗示している同じボスの【アトラス】の言葉とは、一線を画す台詞とも言える。

DQMJ2

モンスターズシリーズではジョーカー2で初登場。スライム系のSランク。特性は【カウンター】【AI1~2回行動】

能力はMPがやや低いことを除けばまずまずといったところ。「カウンター」をより活かせるように攻撃力アップSP等を持たせてやると良いだろう。
イオ・斬撃封じ・ダウンを無効化し、ドルマに弱い。所持スキルは【ばくひょうの剣技】

配合で生み出すには【メタルカイザー】2匹をかけ合わせる必要があり、なかなか面倒。
Ⅸとのすれ違いで稀に出現するので、こっちをスカウトした方が早い。
しかし、プロフェッショナル版では他のDQとすれ違い通信ができなくなったので、入手がメタルカイザー2匹の特殊配合のみとなり、面倒になってしまった。
ちなみに、こいつを必要とする配合は特に無い。