※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅴ以降とリメイク版Ⅳに登場する武器。
槍の一種で、直訳すると「悪魔の槍」だが、その名前とは裏腹に装備しても呪われることは無い。
高水準な攻撃力を持ち、悪魔の名の通りたまに敵を【即死】させる効果がある。
ただし作品によってはザキ耐性に左右され、完全耐性がある敵には効かない。
発動確率もそう高くはないため、あまり追加効果には期待せず、普通の高攻撃力武器として使うのが賢明。

本編

DQⅣ(リメイク版)

隠しダンジョンで入手。攻撃力は90。
ライアンのみ装備可能だが、攻撃力がやや物足りないため、【きせきのつるぎ】【はかいのてっきゅう】を優先する人が多い。
即死効果がザキ系耐性に左右されないため、使うとしたら【メタル狩り】に。
ちなみにこの作品のみ【いかずちのつえ】共々売却不可。

DQⅤ~Ⅶ

攻撃力は99で固定。いずれも手に入るのは終盤。
Ⅴではジャハンナで25000Gで販売。
Ⅵではラストダンジョンの宝箱から入手。主にチャモロの最終武器となることが多い。
Ⅶでは四精霊復活後に【グラコス5世】に会いに行くと貰うことができる一品物。
攻撃力的には既に物足りなくなりつつある数値だが、意外なことにマリベルが装備できるのがポイント。
あまり物理攻撃を主とするキャラではないとはいえ、大きく攻撃力を上げることができるのはありがたい。
どの作品でも売れば10000G以上にはなるので、用済みになったら売り払う人も多い。
だが、正直その頃には金が有り余っている人がほとんどだろう。

Ⅶ3DS版ではトクベツな石版の第4回メンバーズクエスト【海原の支配者】のクリア報酬になっている。
他にも【いこうぜTSUTAYA】のボスである【グラコスエビル】のドロップか、ボスモンスターにした【アークデーモン】のクリア報酬でも手に入れることが出来る為、量産が可能。まぁ量産するほどの性能では無いが。

DQⅧ

錬金専用となった。レシピは【バトルフォーク】+【どくばり】+【あくまのしっぽ】
攻撃力は86に下がったが、ドルマゲス戦前というかなり早いタイミングで入手できるようになり、その時点では場違いな攻撃力を持つため使用価値は上がった。
主に【英雄のヤリ】までの繋ぎとして使われ、慢性的な資金不足になりやすい中盤~終盤では売り払割れることも多い。
だが【なぎはらい】【さみだれ突き】で何度も即死を狙えるのは英雄のヤリには無い利点。
再錬金可能とは言えど、バトルフォークはかなりの貴重品。雑魚戦を楽にしたいのなら手元に残しておこう。

DQⅨ

攻撃力93。
本編をクリアした後セントシュタイン城下町で34500Gで売られるようになり、Ⅴ以来久々に店売りがされるようになった。
【Wi-Fiショッピング】でも売られた時があったが、その場合はセントシュタインでの販売価格の半額の17250Gで買えた。
しかし、リストの更新が終了した後はデーモンスピアが売り出されることはない。
Ⅸでもより強い英雄の槍やメタル系の槍が手に入り、ヤリのクエストも終了しているなら手放してしまっても構わないだろう。
錬金のレシピは【ディバインスピア】×1+【あくまのタトゥー】×3+【うらみのほうじゅ】×1。

少年ヤンガス

【悪魔系】に与えるダメージが増加し、2マス先まで攻撃できる。